-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-07-20 16:00 | カテゴリ:Showroom
これまた面白そうな…

twi01.jpg
 この秋、日本デビューをする予定のルノーのコンパクトカー新『トゥインゴ』。
7月16・17日、ルノー札幌に実車が先行して展示されるという案内をもらいましたので、さっそく行くこととなりました。さて新しいトゥインゴってどうなんでしょうか?

twi03.jpg
 まず目を惹くのはこの色。カタログでは「カプチーノ」という名前だそうです。雑誌などに登場するトゥインゴは結構、派手目な色が多いのですが、こんなシックな色も似合うんですね。ちょっと大人っぽい感じです。
顔つきは、中央に大き目のロザンジュが据えられ、そこからブラックのグリル、そして大きいヘッドライトという最近のルノー顔です。ヘッドライトの下の丸いのがスモールランプ(2代目のフェイズ2からつながるデザイン?それとも初代の丸目のオマージュ?)、バンパーにはフォグランプといった構成です。

twi02.jpg
 今回のトゥインゴの売りはむしろこのリアビュー。

張り出したリアフェンダーとテールランプ、そして黒いハッチゲートは、サンクターボからインスピレーションされたものだとか。再度ビューに描かれたストライプもデザイナーのこだわりで、フロントとリアのフェンダー部分がキックアップしています。これはフェンダーのふくらみを視覚的に表現したいためだそうです。

それにしても大きさはマーチよりも小さいけどこの存在感。ホント絶妙なサイズです。私は好きですね。

twi04.jpg
 リアバンパーのナンバープレートの上にオプナーがあり、そこを押してから、黒いハッチゲートを開けます。すると少し高めのラゲッジルームが出現。遮音材が敷き詰められた床板を持ち上げ、ボルトを外し蓋を開けると、そこからエンジンが見えます。こうやって見ると、エンジンはみっちり隙間なく入っております。そう今度のトゥインゴは何とRR。どんな走りを見せるのか今から楽しみ。前にエンジンがない分、小回りも利いて、街中では走りやすいんでしょうね。噂では北海道で気になる雪道に関しても、VWのUPが上がれない雪の坂も、トゥインゴは上がるそうです。

twi05.jpg
 ではフロントボンネットはどうなってるんでしょう。
まずはグリルの両脇がこんな風に外れ、中のオプナーを押すと…

twi06.jpg
 ボンネットがこんな風にスライドします。

twi07.jpg
 ボンネットの中はラゲッジではなく、クラッシャブルゾーンとメンテナンス関係のパーツが配置されております。これはちょっと残念。

twi08.jpg
 フロアマットもこんな感じで遊び心満載。

twi09.jpg
 インテリアは今風なシンプルかつクリーンな感じ。国産のコンパクトカーならもっとギラギラしてたり、イルミネーションがキラキラしてたり、妙に黒かったり。安い材を使い、無理矢理高級に見せようとしたりする所ですが、こういう部分がフランスのエスプリなんでしょうね。

 シックな色のトゥインゴに女性がさらっと乗っていたらめちゃくちゃお洒落でしょうし、男性なら派手目な色でスポーティに乗ると格好いいんでしょうね。是非、GTや、RS(あるのかな?)はもちろん、クルールのような限定車も出して欲しいですね。ルーテシアにあった豪華版「イニシャル・パリ」なんて今回のトゥインゴに似合いそうですが、どうですか?ルノージャポンさん?
2016-07-19 18:03 | カテゴリ:Etc
我が家の支援戦闘機の事

 ビートですがお陰様で調子がいいです。とはいえ平成4年車ですので、油断はできません。常にヤフオクのウオッチリストにあれこれパーツを入れて眺めております。

hbe02.jpg
 気がつくと水温計・燃料系のイルミネーションが切れております。電球自体は数百円のパーツですが、いかんせん工賃が高いわけです。狭い車内であれこれ外して交換するんで仕方ない所ですが、もしやるのであれば全ての電球を交換、いやLED化したいところです。

hbe03.jpg
 ビート1号機の頃から欲しかったパーツがこのフューエル・リッド。純正オプションパーツでも人気の品でした。
先日何となくヤフオクを覗くと、比較的安い値段で出ていて、しかも気づくとオークション終了数分前。試しにちょっと入札してみたら落札できちゃいました。正直あれれれって感じ。入札したら、すぐに相手も入札するんだと思ってました。

 で、そく入金したらすぐに配送されました。思った以上にきれいなパーツです。

hbe04.jpg
 そうなるとすぐにつけたくなるので、ガレージで交換。

おおー、いいじゃないですか。

hbe05.jpg
 ドアシルの所のレバーをつまむと、パカッと開きます。念願のパーツなんで、ちょっと嬉しくなってきました。
2016-07-18 01:41 | カテゴリ:Etc
我が家の主力戦闘機の事

 街でルーテシア4をちらほら見ます。ルーテシア4RSだって3RSや2RSより多く見かけます。我が家のルーテシアも2度目の車検を終え、5年目となっております。

この辺りで、以前なら次のクルマが気になり出していたのですが、幸いそんな気は起りません。もっとも乗りたいクルマ、欲しいクルマは山ほどありますが、じゃあルーテシアを手放すか?と聞かれるとそんな気はおこりません。

 不思議なクルマですね。今の自分にちょうどいいんでしょうね。サイズ、パワー、使い勝手、乗り心地、適度にレアな所も。

niji004.jpg
 そんなわけで、6月の中旬ころ77777kmとなりました。もっとも現在はさらに走行距離が伸びておりますが、これ1台所有の時よりはぐっと距離の伸びはおさまりました。

niji002.jpg
 そんな頃、ルーテシアのリモコンキーがこんな風になりました。
キーとリモコンをつなぐゴム製パーツはとうに千切れ、開閉のスイッチもご覧の通り。やはりラテンのクルマはゴム製品が鬼門なんだなぁと実感。カングーも古いタイプのリモコンが付属してましたが、スイッチはすぐに穴が空きます。このスイッチの部品がパーツとして手に入ればありがたいのですが、丸ごと交換になると聞くと、悪魔のささやきが聞こえます。
そう、鍵本体に付いているんです、スイッチが。これをカチカチっと使って開閉できたらいいのに。どうやら電波法の関係でルノー車は日本では別体のリモコンとなるそうです。
これのネックは、邪魔くさい、反応が悪い、アンサーバックが効かないため、何度もガチャガチャしてしまうといったところでしょうか。

niji003.jpg
 鍵の内部は、本来あるべきものを外して、リモコンを殺しております。

ということは…。

 これ以上は書きません、書けません(笑)。ただ、現在はとっても快適ですとだけ書いておきます。

niji005.jpg
 そろそろオイル交換の時期。夏休みに入ったら交換しに行きたいものです。そして、少しだけ時間が出来たらワインディングを気持ちよく走りたいものです。
2016-07-17 21:34 | カテゴリ:Repair
先月更新できませんでした!


 お久しぶりです。先月ネタはありながらも一度も更新できず、ブログを放置しておりました。
まぁこのブログは自分自身の備忘録なんで遅れながらも更新ということで良しとしましょう。

 で、いきなり、メガーヌ1フェイズ2のアップの写真から始まる訳ですが、何かと言うと我が家のカングー1の車検の代車です。そう6月はカングーが我が家に来て3度目の車検という事になります。果たして今回はどうなる事やら。

syake02.jpg
 せっかくのメガーヌも忙しすぎてほとんど乗ることもできませんでしたが6月19日の日曜日、家族を連れ、千歳方面へ出かけた際、ハンドルを握りました。サイズ的にはうちのルーテシアから乗り換えても違和感ないコンパクトさ。しかもこの代車距離が少ないのでまだまだ現役でも大丈夫な感じですが、エンジンも踏み込むとしっかり加速してくれるし、乗り心地はまさにルノー。一人通勤で使うにはいい感触です。ただ後席にチャイルドシートを装着すると、湾曲したCピラーのため子供を乗せる際何度も頭をぶつけました。そう考えると、カングーは子供を乗せるにはベストなクルマなんでしょうね。

ちなみに"葉っぱ”ちゃんは、人生初サンルーフで、天井の窓を開けると一言、「お、さすがルノー!」。すっかりエンスーなお子様になっております。

 千歳に行くときの、ルノー札幌から電話がありまして、車検が上がったとの報告。帰りにカングーを引き取りに行きます。ちなみに今回は最初見積もり何も無ければ16万円くらいという話でしたが、そう何もないはずがありません。入庫の際、クルマを持ち込んだ嫁から、「かかるかもよ」と伝えられておりました。しかし、じゃあ、車検取らずクルマを買うかというと、カングー2の安い中古でも出てこない限り乗り換えは考えられません。

syake03.jpg
 今回の車検は…
 ●24か月点検…38800円
 ●保安確認検査…8640円
 ●日常点検…540円
 ●下回り洗浄…4320円
 ●床下コート…8316円
 ●ブレーキ清掃・注油…3564円
 ●ブレーキグリス…1296円
 ●ブレーキクリーナー…1080円
 ●ブレーキフールド交換…2808円
 ●フールド…2754円
 ●エアフィルター…4752円
 ●エンジンオイル…7344円
 ●オイルフィルター…1598円
 ●ワッシャー…3024円
 ●フラッシングオイル…1382円
 
…と、ここまでが通常の車検時の整備費用なんでしょう。で、ウチのカングーは更にこれから不具合分が追加されます。

 まず、春先にわかったことは、ヒーターパネルがおかしいということ。吹き出し口からはいつでも熱風、どんな時でも熱風しか吹き出しません。「アツい、アツいよ、カングー!」と言わざるを得ません。
それと小さなことで言うと、たまにワイパーが仕事をさぼったり、集中ドアロックが運手席だけ反応しないとか、運転席から助手席のパワーウインドウを開けようとする反応しないとか…。そしてシャフトブーツも逝ってますねという見立ても貰ってます。

 ●ヒーターコントロールパネル交換…3240円
 ●コントロールパネル37260円 
 ●ステアリングラックブーツ左、切れ交換…8640円
 ●ブーツキット…6923円
 ●ドライブシャフトブーツ左切れ交換…19440円
 ●シャフトブーツキット…10778円
 ●ナンバー灯…119円

 まぁ何だかんだで福沢諭吉24人分なりです。

syake04.jpg
 ワイパーとパワーウインドと集中ロックは、嫁から「何とかなるからいいよ」という言葉を頂いていたので、見送りとなりました。集中ロックは機嫌のいい日には作動します。パワーウインドに関しては、全く反応しないのではなく、かなりの力でスイッチを押すと窓が開くそうですが、最近嫁は微妙な力の加減とタイミングを会得したようで自在にスルスル開けております(私は力づくでしか開けられません)。というわけで、カングーは今日も元気に走っております。しかし前回の車検(2年前)から走行距離が2万km増えてますが、仕事で使っているわけでもない割には距離が伸びてますね、けっこう。
2016-05-08 22:41 | カテゴリ:Touring
鉄道博物館に行こう!
RA01
 本日で世間ではGWが終了したようです。もっとも私には大型な休みなんて縁のない話で、つつましやかに3・4・5日の3連休を楽しんだわけです。北海道はこの時期だと函館方面が人気で、昔であれば弾丸ツアーで行ったりもしたでしょうが、近ごろはそうもいきません。開業前から赤字が予想されている北海道新幹線も開通してますので乗らないまでも、駅に行って新幹線のお姿を拝見もしたいところですが、それもかないません。
 ということで、近場で安く、鉄道を体験できる場所といえば、ここ小樽総合博物館。以前は小樽交通記念館と呼ばれた場所だったと思いますが、青少年科学技術館と統合し、総合博物館となったようです。もっともここのメインはやはり鉄道の展示。

RA02
 こどもの日なんで、ゆうゆうと鯉のぼりが泳いでおります。天気がよければもっと気持ちいいのですが。

RA03
 入場口はこんな感じで、駅の改札を模しておりちょっとわくわくさせてくれます。

RA04
 入館料を払うと、これまた鉄道の切符を模した入館券というのも素敵です。

RA05
 展示は屋内のものより、屋外がメインのようです。車両庫の雰囲気はまさにリアル『機関車トーマス』の世界。トーマス好きなうちの子らも喜んでおります。

RA06
 古い機関車(形式7150大勝号…明治28年、日本2番目に古い蒸気機関車)の運転席にも自由に乗ったりできます。

RA07
 動かない車両だけではなく、短いですが構内の線路を実際に走行するアイアンホース号(明治42年製造)の客車に乗る事もできます。

RA08
 歴史的な車両だけでなく、北海道で使用された鉄道車両の展示もしております。もちろん中も自由に入り、座席に座ったりもできます。食堂車なんかはちょっとテンションが上がります。

RA09
 小樽はちょうど桜が見ごろの時期。構内の桜も満開でした。

RA10
 私は特に鉄道大好きな人間ではありませんが、蒸気機関車の無骨な機械的な佇まいは嫌いではありません。

RA11

RA12
 館内には、「しずか号」(明治17年)が、どーんと展示されております。

RA13
 当時の運転手の制服を着て、記念撮影もできます。もっともうちの子らにはデカすぎですが(笑)

RA14
 とりあえず、もっと普通の日に来たら、ゆっくりのんびりできそうです。博物館ですがお弁当の持ち込みもできるそうです(もちろん展示室内は飲食禁止)。屋外の車両なんかで食べるのはOKなようですので、今度はお弁当持参でのんびりしてきましょう。

鉄道模型の走る居酒屋
RA15
 以前から、友人から聞いていた居酒屋に連れってもらいました。何でも鉄道好きなマスターの美味しい日本酒のお店だそうです。
『呑気処 ほの家』(札幌市北区北40条西5丁目1-3KOビル1F 011-577-2894)。地下鉄南北線麻生駅5番出口から徒歩数分のお店です。

RA16
 カウンターんぽケースの中には鉄道模型が。鉄道模型に手を出したことはないですが、ジオラマ好きな自分としては、眺めるのは楽しいもの。

RA17
 最初はビールを頂きましたが、それでは日本酒を頂きます。メニューを見るともう、いろいろあります。とりあえずは私の地元江別のお米の日本酒。北の錦の『瑞穂のしずく』を1合お願いします。お酒のおつまみも美味しくて満足。

RA18
 『瑞穂のしずく』はさっぱりしたお酒なんで、マスターに「ちょっとくせのあるお酒はありません?」と尋ね、出てきたのがこのお酒。
『Polynesia』という日本酒とは思えないお名前の酒。笑四季酒造、滋賀県のお酒。完熟バナナ酵母の日本酒でとてもフルーティ。

RA19
司牡丹酒造の『ハナトコイシテ』。何とも素敵な名前のお酒です。これも一合お願いしました。司牡丹って高知でしたっけ?すっきり辛口のお酒でした。お店の雰囲気も良く、いくらでも飲めてしまいそうでこわい感じです(笑)

写真は撮り忘れましたが、もう一つ、『一白水也・純大吟生酒Premium 熊本支援酒』という福禄寿という秋田の蔵元のお酒。
蔵元の社長さんの奥様が熊本出身ということで、熊本への義援金が含まれているそうです。こういうことなら喜んで飲みます。

RA20
お次は北の錦の『山廃純米酒 吟風70 1回火入れ 限定』。北の錦の小林家の「白蛇」がラベルに描かれています。これを飲んだ辺りで、いい時間となり、お開きとなりました。時間制限がなければまだまだ飲みたいところです。ということで、また機会があれば足を運びたいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。