-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-06-22 11:51 | カテゴリ:Showroom

 現在フランス車に乗っていますが、私はイタリア車も好きです。毎朝通勤時にこのの黄色のパンダとすれ違います。パンダ…いいですよね。デザインにしてもシンプルながら、そぎ落とした感があり素敵です。さすがジウジアーロ先生。
 ウーノに乗ってましたので余計に、「パンダ乗ってみたい」と今でも思います。そういえば今度の3代目も、まだ見てませんが評判いいみたいですね。


この日、仕事の間隙をぬってルノー札幌へ。そこでルーテシアのロービームのバルブを交換してもらい、ついでにT野氏から、とあるものを見せてもらいました。これ何だかわかります?そう先日交換してもらった、ルーテシアのシートのフレームです。表皮やクッション材をそぎ落としたら、こんなのが中に入ってるんですねぇ。そして右側の金具がサイドサポートの骨格です。よく見ると、ただ溶接でこの「く」の字の棒がくっついているだけ。見事に外れてますね。これを見ると、乗り降りでサイドサポートに身体をぶつけないよう一層気をつけようと思います。



 そぎ落としたネタと言えば、ショールームのカングーオーセンテック。もしかしたら一番通なカングーでしょう。フェイスリフト前の最後の限定車かも。最後の限定車て、モデルライフ末期だと日本ならあれもこれも載っけてお買い得!って感じなのでしょうが、こちらはドレスダウンです。


 ドレスダウンが“野暮”になるか“粋”になるかはセンスの問題。

まずは通常カラードバンパーのところ黒バンパー。黒バンパーは今までクルールのみでした。日本車なら黒バンパーだとただの商用車になるのですが、カングーの場合、素敵!と感じる人は多いはず。内装でも、後部座席天井の収納ボックスがそぎ落とされてます。これはカングーーのアイデンティティの一つなので複雑ですが、なければ居住空間はむしろ頭上はすっきり。自転車など背の高いものを積む際にはもしかしたら都合がいいのかもしれません。それでいてお値段も安くなっているので、素のカングーが欲しい人には魅力のモデルでしょう。色も通常カラーに黒バンパーの組み合わせも新鮮です。300台限定ということでAT希望だと完売の色も出始めているそうです。

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://momocafe524.blog.fc2.com/tb.php/978-3f17366c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。