-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-05-04 18:34 | カテゴリ:SHOP
懸案事項…


 今朝、所用で郵便局に行きました。駐車場に停めると隣のアルトのおじさんが、しげしげとルーテシアを見ています。正確に言うと、ルーテシアの足元をです。
 結構信号待ちで隣のクルマがルーテシアの足元に視線を送っているのに気が付くことが多いです。そのおじさんもしばらく眺め「ほほぅ」とい顔をしておりました。

やはりルーテシアRSのフロントフェンダーの“穴”が気になるのかな?

 実は私はこれとは違って気になることがあります。どこかというと、タイヤ…。
この間夏タイヤに換装しましたが、どうも調子が悪いのです。まずはロードノイズと細かなヴァイブレーション。ホイールバランスの狂いも考えられますが、どうやらタイヤの減りが主要因ではないかと。けっこう気にし出したらもう気になります。近いうちにタイヤ新調検討しないとならないようです。


長沼へ…


 昼ごろ、ルーテシアでぶらりドライブ。方面は渋滞と無縁な所がいいと長沼へ向かいました。実は長沼に行こうと思ったのはもう一つの理由が。
 お気に入りの長沼の絵本屋さんぽこぺんさんのHPが最近なくなってしまったのです。もともと更新されていなかったのでしたが、なくなったということはお店閉めてしまったのか?もともと土日にしか営業していないお店なので、そうしょっちゅう行くことが出来ないのですが、いつも行くと店主の飛島さんがにこやかに迎えてくれ、とても居心地の良いお店です。

 お店の前を過ぎた時、一台の青いパンダが停まってます。「あれ、あそこがぽこぺんのはず…」何だかいつもと違う雰囲気。とりあえずまずは昼食ということで、ぽこぺんの近くのレストラン『里日和』へ。



 そこで料理を待っているうち、スマートフォンでサイト閲覧していて知りました。

 ぽこぺんの飛島詩子さん、4月中旬に亡くなられていたことを。


 食事後、改めてぽこぺんへ。


 ここにあった大きな看板はすでに外されておりました。


 そして先ほど見た青いパンダが停まっています。おそらく片付けの方のクルマかな。


 そして、閉店を知らせるホワイトボードが。


閉店のお知らせ
                    2013年3月1日より

 2002年春、札幌で絵本屋ぽこぺんを開店し、2004年 初秋長沼に移転してから地元、苫小牧、岩見沢、美唄、札幌等から、遠所から来て下さりました。
 赤ちゃんから子育てのお母さんお父さん、恋人さん、読み聞かせの方、教師たち、読書運動をしている方たち、又、人生にふと立ち止まった時、“ぽこぺん”の本を求めにいらして下さった皆さまに、愛された、絵本屋でした。
 店主の一身上の都合により閉店することになりましたが、長い間皆さまに助けられ、それを喜びと力にし続けられたことを、深く深く感謝しております。
ありがとうございました。

                            店主 飛島 詩子

というメッセージが書かれておりました。

素敵なお店で、まだまだ欲しい本もたくさんあったお店でした。

本当に残念ですが、飛島さんの御冥福をお祈りいたします。


 江別市内の本屋で発見して「おおおお!」と思ったのがこちら。『からすのおかしやさん』。何とあの名作『からすのパンやさん』の続編です。何と40年もの歳月を経て、かこさとし氏が書き下ろした新作。しかも新作はこれだけではなく、4冊のからすのパンやシリーズが出ます。あのパン屋のこどもたちが大人になったお話。これは是非とも揃えねば。

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://momocafe524.blog.fc2.com/tb.php/965-6e98c875
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。