-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-03-29 23:41 | カテゴリ:SPORT
待ちに待った開幕です!

 本日、セ・パ両リーグで2013年のペナントレースが開幕!この間まではWBCがありましたが、個人的には大して興味もなく、それよりもオープン戦やキャンプ中継の方が関心が高い我が家です。ここ北海道では、ニュースのスポーツコーナーでは、ファイターズ一色でよその、特にセリーグの試合結果すら教えてはくれません。テレビ中継はおろか、ラジオ中継も複数の局でファイターズを中継している始末。
 そこで昨年からBS、CSで阪神タイガースの全試合を中継してもらえる契約をしております。昨年は貧打で低迷、はやばやと消化試合となったわけですが、今年のタイガースはもうほとんど別のチームといって良いくらいに変化しております。
アニキ金本・城島の引退、球児のメジャー移籍、平野、オリックス行き、ブラッズと契約終了、コバヒロ解雇など億を超える大型選手が軒並みチームを去りました。

 個人的には、ブラゼルは何とか残してほしかったのですが、やはり給料に見合った成績が残せないと判断されたのですから仕方ないです。
ブラゼルと言えば日本大好きな外国人で、2009年8月27日の横浜戦なんて思い出深いです。この日ブラゼルはホームランをうち、ベンチに帰ってくると息子が生まれたという報を聞き、同じイニングにそれを祝うかの如くもう1本ホームランを放ったというエピソードは有名です。息子の名前に「ゆっくり歩く」という意味の“トロット”と名づけたのはこの日のホームランがあったからでしょう。
 ちなみにトロット君三歳の誕生日には何と3ランを放つ子煩悩ぶり。で、阪神を解雇されアメリカに帰国したブラゼルですが息子トロット君が「パパ、いつお家に帰れるの?」と聞くそうです。そう、トロット君が言うお家というのは、当然日本の家なのです。そんなこともあり何とか日本でプレーがしたいと強く願うブラゼルですが、未だどの球団からもオファーがないようです。だから、とりあえず3Aにでも行って実戦経験が鈍らないようにして、日本からのオファーを待つと言っています。どこかそんな健気な彼を取ってくれないかなぁ。

今年のタイガースは賛否両論だったメジャー帰り(あ、マイナー帰りかw)の西岡・福留を補強し、大型新人藤波を獲得。若手中心の新チームを作ってきました。これがどのように機能するでしょうか。

 開幕戦は神宮球場でヤクルトとの対戦でしたが見事9対3で勝利。メッセンジャーの力投もさることながら、打線が機能した試合でした。昨年までの得点力不足が嘘のよう。そういえばオープン戦でも12球団で一番の得点だったそうです。
オーダーは1番西岡・2番大和・3番鳥谷・4番新井良太・5番福留・6番マートン・7番コンラッド・8番藤井・9番メッセンジャーの布陣。開幕期待されている新戦力の西岡・福留・コンラッドはしっかりと結果を出しました。そして復活が期待されているマートンと代打新井兄も何とかヒット、打点を残し快調な滑り出しを見せ見せました(新井兄のヒットはかなり泥臭いですが…)。そして何と言っても2番大和の活躍。昨年から1軍に定着してその存在感を残しつつある若手。こういった若手を今年はどんどん使って行ってもらいたいです。福留あたりが打たなくなったら、こだわらずすぐに下げて、若手に切り替えて欲しいものです。
今年は、「自分で決めなきゃ」という打線ではなく「次につなげよう」という打線に変わっているので、どこからでもチャンスとなりそう。今日もチャンステーマが応援席から響きっぱなしでした。

 リリーフ陣も安藤・福原にベテラン陣は安定感がありました。…が、新守護神の久保がどう見ても不安かなぁ。結果は抑えたもののこれといった決め球もなく、オーラがないため、相手打線も沈黙してくれません。こればかりはこの後、少しずつ実績が付いてきて変わるところなのかもしれません。

 とりあえず、今年も秋まで、野球観戦を楽しめたらいいなぁと願うばかりです。
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://momocafe524.blog.fc2.com/tb.php/956-aa1ef4b2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。