-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-03-24 20:20 | カテゴリ:Books
ようやく春休みになりましたが…

 長く短い一年が終わり、昨日から春休みです。とはいえ、この商売この時期が忙しいわけで、3~6月くらいまで一気に駆け足になります。また今年は本業の“免許の更新”もある予定ですので、これまた忙しくなりそうです。

 で、今回は絵本ネタということで、クルマネタではありません。

 世界の絵本界ベストセラーといえば、こちら。ごぞんじエリックカールの『はらぺこあおむし』。定番本過ぎて家にありませんでしたので注文を。

 お腹をすかせた小さなあおむしが、おいしいものをたくさん食べて美しい蝶に変身するというお話です。魅力は何と言って美しい色と、思わず指を入れたくなるような、穴のしかけ。そして、さなぎから脱皮して蝶になるページの美しさは何度でも読み返したくなる部分です。 

 そしてこちらは、コマヤスカンの『決戦!どうぶつ関ヶ原』。コマヤスカン氏は前作『新幹線のたび』で美しいパノラマ地図と細かな絵で読み手を魅了したわけですが、今作でもその手法は健在。関ヶ原の戦いを、徳川家康=タヌキ、石田三成=猿、島 左近=ゴリラなど、武将を動物に置き換え、ユーモラスに描きます。開戦から結末までを時間の経過で描いて行きます。

 戦場をパノラマ地図で描いているので、もうじっくりと眺めると何度でも新発見があり面白いです。

 そして本日、Amazonから届きました。
先日、職場の美術準備室で眺めていた、美術系雑誌に載っていた絵本で「お!」と思ったものです。新しくはない本で、町の書店でもお目にかかったことのない本でしたので、早速スマートフォンで検索。そしてAmazonで注文です。

 Donald Crewsの『TRUCK』という絵本。一応洋書でアメリカ版です。もっとも文字がない絵本ですので全く困らないわけですが、ストーリーはいたってシンプル。三輪車を積み込んだ、真っ赤な大きなトラックが、目的地まで運ぶという内容。

 とにかくビビッドな色が目に飛び込んできます。そして道路標識が文字となってストーリーをつなぎます。小さな子供は原色でカラフルな絵本を好といいますが、デザイン性が高いた大人でも楽しめます。

全然知らなかった本ですが、すぐに検索、発注し、配送される便利な世の中になったものだと実感しております。ただその分、財布のヒモも緩くなるのが難点ですね。
 
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://momocafe524.blog.fc2.com/tb.php/955-a59a27a6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。