-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-02-21 22:02 | カテゴリ:Accident
絶望という言葉の意味を知る朝…

 今朝の出来事を、共有してもらえる人は少ないのかもしれません。昨夜から雪が降り続いておりました。そして今朝、5時に起き除雪しようと玄関のドアを開ける。ちなみにうちは道路から高い位置にあり階段で4段くらいはあるでしょうか。しかし、玄関のドアがまず開かない。

 今度は力を込めて開けると、開くには開いた。開かない原因は…雪です。つまり玄関の前にずっしりと積もっていたわけです。もうこの段階で何年かに一度の大雪だとわかりました。どれくらいなのかというと私の腰まで雪が積もっております。えぇ、一晩の積雪量ですよ。

 腰まで雪に埋まったまま、気分はまるでプールに入っているかのよう。

除雪機のエンジンを回して、除雪開始。上の写真はまず、除雪機で一本道を付けたところです。雪の深さがわかっていただけるかと思います。

 しかしこの雪の量に、完全に除雪機が負けております。クルマ一台分を出せるスペースを確保した段階で、除雪機が息継ぎをして、プスンといった途端息を引き取りました…。あああぁ何てことを、まだ雪があるのにィィィィィ。
 何だか少女に憑りついた悪霊と相討ちになったエクソシストの神父のようです。
しかも眠った赤ん坊のように、エンジンのかからない除雪機は異常に重たいのですよ。道端に放置もできないため、人力で押し、引っ張り移動させます。この作業で私の身体の各関節から煙が上がっていたことでしょう。

 そして、いよいよ6時20分頃出発。

ちなみに除雪とか入ってないので、腰まで積もっているのは我が家だけではなく、道路もそうなのです。その段階で、枝道に入ったら確実に埋まる、そうしたら完全にアウトだ、まずは大きな幹線道路にでよう、と判断。ただ最短ルートで大きな道に出るにも、雪の障害が。もうとにかく、振り向かずただ前だけ見て突き進むのみ。止まったら、振り向いたら最期です。

ウオォォォォォォォオオオオオオオオオオオオオオ!!

そんな気合とともに何とか江別-恵庭線に合流。しかしここにも恐怖の罠が。
何と、275号線合流手前で、クルマの波が完全停止。20分くらい動きません。もう前のおじさんとか、クルマから降りています。何があったの?ただ、275号線がアウトなら、もう出勤できません。そでにJRは運休ですし、高速も止まってます。裏道・中道は自殺行為。

 この段階で、職場の管理職の携帯に電話。「江別は雪、酷くて、おそらく間に合いません。無理です。最大限の努力はしますが」とだけ告げました。そんなこんなでようやく275号線に合流。私の想像では275号線札幌-江別間が渋滞しているのでは、と。そうなると普段1時間程度の出勤時間が3時間くらいになる可能性大なのです。

 しかし、275号線に入ると、視界はホワイトアウトで除雪が追い付いていないものの、すいてるのです。かなり拍子抜けです。途中歩道等に乗り上げスタックしているクルマも数台ありましたが、走れる、走れる。

要するに、雪が酷すぎて、クルマを出せない人が多かったのかもしれません。

結局、職場についたのは、普段とそう大して変わらない時間…。

ただ、この天気では生徒の登校下校が心配なので、2時間目で生徒を放課し、休校となりました。
 

 我々も昼過ぎ解放されたので、まずは一旦江別に帰ります。そして朝残した部分の除雪を人力で行いました。ちなみにリビングの窓は雪で完全ふさがれており、昼間なのに暗い状況です。
 そしてJRが動いていなので、モモヤナギを迎えに再度札幌へ。そしてまた雪の世界に帰還します。


新郎新婦の入場です!


家に帰ってルーテシアを停めます。カングーは朝のままこんもりですが、何だか花嫁さんの白無垢に見えなくもないかも。

 2台並ぶと、何だか新郎新婦入場!て感じです。

 我が家の雪捨て場も一気にMAXとなりました。ちなみに、この雪でこれから雪像を作るわけではありません

 家の前の歩道も、もうこんな感じです。今朝の雪が明日も降れば、もれなく倒れます。

本日は江別市民の皆様、大変お疲れでした!
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://momocafe524.blog.fc2.com/tb.php/949-22191a6a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。