-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-02-20 00:58 | カテゴリ:Event
昼間とは打って変わり…

 ビジターセンターで暖房でぬくぬくしているうちに、支笏湖に夕日が沈みます。ちょっと前なら4時30分くらいになるともう真っ暗でしたが、この頃はまだまだ明るいわけです。ですから6時まで待って、会場に再度向かいます。
 日中-5℃だった気温はすでに-10℃となっております。

氷濤まつりと雪まつりの違いは、作られているのが具体的な「像」ではなく「建築物」ということ。そしてそれに照明を当てると、何とも幻想的な風景が浮かび上がってくるではないでしょうか。

昼間の景色とは、また違った風情ですね。夜の部の風情を楽しむ大人も多く見られます。

それでも風は冷たく気温以上に寒さを感じます。結構にぎわってる中、かまくらに入ると、偶然Face bookで「友達」になっていた卒業生と12~13年ぶりにばったり出会ったりしました。ほんと世間は狭いもんですね。

 昼間見た氷の水族館もこの通り。凍ったヒメマスにライトアップ。

 何だかお洒落なディスプレーみたいですね。

 昼間はきれいな青空だったこの場所。今はきれいな星空と月が輝いております。寒さで空気が凛と澄んでおります。これは花火が楽しみです。

 夜の会場全景。是非、昼間の写真と見比べてください。

 子供らが遊ぶリンクにはこの時間も賑わっとります。蒼い照明が何ともムーディーですよ。

 そうこうするうちにいよいよ花火の時間です。MCのカウントダウンでスタートです。打ち上げのヒューという甲高い音。ドンという重低音が支笏湖中に響きます。バパァァと花火が広がる音。

やっぱり冬の花火はきれいです。えらい寒いので、時間的には長くはないものの満足な冬花火でした。花火を観終わったあとは一刻も早く、カングーに戻り帰路へ向かいます。支笏湖を出ると、対向車に、それは長い長い大渋滞が出来ています。駐車場が狭いので、湖畔につくのにはもう少し、時間がかかりそうです。

「きっと、花火を観ようとしてたんだろうなぁ…」

また来年も観てみたくなったイベントでした。



スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://momocafe524.blog.fc2.com/tb.php/948-2835db4b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。