-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-12-25 12:29 | カテゴリ:Event
White Christmas


 今頃、ちびっこ達はサンタさんが持ってきたおもちゃに喜び、遊んでいる頃でしょうか?
 そんなわけで、昨日はクリスマスイブ、で本日がクリスマスです。
ここ蝦夷地はサンタさんから「チーム寒気団」というあまり嬉しくない贈り物をされたので冷凍庫のような状況となっております。知り合いのツイッターや、Facebook、ブログ等で「-16℃」とか「-20℃」とか「-25℃」とかの写真を見せられると、何だか嬉しくなります。どうだすごいだろう!内地の人に自慢したくなります。


 先日は朝、ゆっくり起きて雪かき祭り。それが終わり久しぶりにピザを焼きます。幸い強力粉もイースト菌も在庫していたんで、ちゃちゃっといきましょう。


 カリカリに焼けました。2人で2枚食べてもまだ、1枚残っており明日の朝ごはん決定です。そしてまだ焼いていない生地を冷蔵庫にストック。近日中に焼きましょう。
 
 満腹の後、せっかくクリスマスイブなんで、それらしいところへ行こう!というわけで、モモヤナギが探してきたのが「White Christmas in Moere2012」というイベントです。

さっそくサッポロの東区郊外にあるモエレ沼公園へ。途中猛吹雪で、どうなることかと思いましたが、到着すると小降りになってます。しかし、車から降りると、寒い。さすがに寒いです。会場までの道にはアイスキャンドルがならんでおります。雪景色には、ギラギラな電飾のイルミネーションより、温かくてやさしいロウソクのライトアップの方が素敵だと思います。

会場となるのは、モエレ沼のシンボルでもあるガラスピラミッド。ちなみに夜おそくに感じるかもしれませんが、まだこの時は夕方5時30分くらいです。

モエレ沼公園といえばイサムノグチ。彼の照明が展示されております。部屋に1つ欲しいです。

ピラミッドの中で、ミニコンサートが開かれております。我々が行った時は、Little Bridgeというサックスの男性とマリンバの女性のユニットによる演奏でした。雪深い静かな公園のピラミッドの中に響き渡る優しい音。季節柄演奏された「戦場のメリークリスマス」が素敵でした。


 約1時間の演奏が終わり、次のグループと入れ替えとなります。マリンバは大きいので、下ろすのが大変そう。階段を皆で慎重に下ろしてました。


 この日最後の演奏をするのは「ブルーレイバン」というネイティブアメリカンの音楽を演奏するユニット。様々な種類の笛による演奏。そして不思議な楽器多数で興味津々。屋久島の杉で作られた笛でのAmazing Graceなんてグッときました。

 イベント終了後、演奏に使われた不思議な楽器たちについて質問したところ、いろいろ説明してくださり、さらに音鳴らしていいよといわれ、これまた目から鱗が。


 ガラスのピラミッドから出ると、すっかり雪がやみ、きれいな星と月が蒼く輝いてました。

 しかし、寒い。

蝦夷生まれの私が言うのだから、尋常ではない寒さかもしれません。しかし、その分空気が澄んでいてきれいでもあります。


 駐車場で待っていたルーテシアもどこか寒そう。ちなみに今日はカングーじゃないの?と思う人がいるかもしれませんが、この日はあえてルーテシアです。

 なんでって?

それは、ここ数日、カングーのドアが凍りまくっているからです。ドアというドアが開きません(笑)。もし、コンサートから帰ってきて、この駐車場でドアすべてが開かなかったら…と考えたら、寒空の中で悪戦苦闘しなきゃいけないのですから。


 寒いはずです。気温は-15℃。しかしこれがMAXではありません。


 クルマを走らせ、江別に向かううちに、-16、-17℃とぐんぐん冷えていきます。そして、-18℃!

Xm14 さらに冷えます。自宅付近では-19℃!!もうこうなれば-20℃を目指しましたが、残念ながら家に到着。

今朝も気温は-18℃。歩くと雪がキュキュっと鳴ります。木々の枝は樹氷で真っ白。川面からは湯気が上がるような川霧。こんな寒い中、今年もあとわずかなんですね。

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://momocafe524.blog.fc2.com/tb.php/935-29e2e1fb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。