-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-12-15 10:40 | カテゴリ:SPORT
週明けには決着か?!

例年になく、F1ファンをやきもきさせているのが、ストーブリーグでの小林可夢偉の去就。前回ブログに書いたときはザウバーの正式発表が済んでなかったのですが、結果はヒュルケンベルグとグティエレスで来季を戦うとのこと。やはりテルメックスの力は強かったというわけです。

 こうなると可夢偉は、想定通りロータスとフォースインディアのシートを狙うというわけですが、未だ大きな動きはありません。

ただライバルとなるスーティル、ブエミ、コバライネンそしてグロージャンあたりからは、非常に前向きなコメントが発表されてます。「近々、いい発表ができそう」とか。もちろん、F1を長く見ている人はわかると思いますが、この世界何が真実で何が虚実かわからない魑魅魍魎の世界なわけです。仮に契約しても、開幕には別のドライバーがシートにおさまる、何てこともあるくらいですから。


 可夢偉の周辺では、定時の「カムイサポート」の募金の報告くらいしか動いていないのですが、本当にどうなんでしょう。

 そんな時、ロータスにちょっと動きが出てきているが気になります。既定路線でいけば、グロージャン残留で決定なのですが、じゃあ、どうしてここまで発表が伸びているのか。
 まずは、グロージャンのスポンサーのトタル(フランスの石油会社)はスポンサー料20億円のうちグロージャン支援分が10億円とも言われております。この辺りからグロージャン残留の可能性が高いのですが、最近トタル側から「トタルは企業イメージとして“交通安全”を訴えているが、1Lapでのクラッシュがあまりにも多いグロージャンはスポンサーのイメージにふさわしくないのでは?」という意見が出ているそうです。

 個人的には、グロージャンは速い若手ドライバーの一人だと思います。ちなみにルーテシアRS、トゥインゴRSの日本発表の時、鈴鹿に来ていたアロンソとグロージャンがデモ走行を行ってますので、私の中でも好印象ではありますが…。
ただ、グロージャンの速さは一か八かな速さでもあるのが気になります。今年彼のクラッシュに巻き込まれなかったら、ワールドチャンピオンはベッテルではなく、アロンソだったかもしれないのですから、その影響は大きでしょう。

 そしてザウバー離脱の可夢偉について、F1のボスであるバーニー・エクレストンが「カムイはF1に必要なドライバー。是非彼に支援を!」という声明を発表。
 日本では報道の関係で、可夢偉のすごさが全く伝わったませんが、海外メディアでは実は可夢偉人気は高いのです。冷静に大胆にオーバーテイクを仕掛け、それを決める彼のドライビングは華があるようです。ちなみにメキシコでも「来季はメキシコ人ドライバーが2人になり嬉しいが、グティエレスよりもあきらかに速いカムイがシートを失うのは複雑な気持ちだ。」という声があがっているそうです。ポーランドメディアも「カムイがザウバーに残れないのはNOだ!」、イタリアメディアでもカムイを応援するツイッターが立ち上げられたりという状況。

 先日は元ワールドチャンピオンのアラン・ジョーンズが「カムイは日本人史上最高のドライバー、コントロールされた攻撃性をもつ優秀なドライバーだ。是非支援を彼にしてほしい。」とコメント。まぁ、バーニーやアランの発言は彼らなりの利益があって発せられていると思います。特にバーニーは、今やF1はアジア市場を無視しては成り立たないわけで、日本人ドライバーがいないのは興業的に厳しいと踏んでの発言ではないかと思います。それでも安全で、オーバーテイクがあり興業的に面白いF1という点では、グロージャンよりも可夢偉の方が望ましいという所もあるのでしょう。

 そんな中、アメリカGPの際、可夢偉は1週間早くアメリカ入りをしています。

「ほんの時差調整のためですよ。」とかわした可夢偉。

アメリカGP自体は興業的に大成功に終わったわけですが、その後、ロータスにあのコカ・コーラーが大口のスポンサーとなることを発表。


 コカ・コーラブランドではなく、欧州市場を睨んだエナジードリンクの“burn”のロゴが来季ロータスにつくことになります。エナジードリンクといえばライバルは“Red Bull”ですが、その点でも面白いことになりそうです。


 F1に興味ない人ならば、“ふーん”なニュースなのですが、よく考えるとコカ・コーラの会長はバーニーの友人なわけです。次いでまたもやロータスにアメリカの“ハネウェル”が20億円程度のスポンサーとなったわけです。アメリカGPの成功に気をよくしたアメリカ企業が投資を決めた?このあたりにバーニーが動いている気がしてなりません。先ほどの「カムイ必要発言」と無関係なのでしょうか?

 こうなると、トタルの影響力は小さくなり逆に大口のコカ・コーラの発言力は強まりそうです。可夢偉の例の募金…F1に詳しくない人は「1~2億集まったって、シートを買えない、桁が違う!」と言いますが、可夢偉本人も募金だけで10~20億集めてシートを!なんて考えてないでしょう。これはもしかしてスポンサーする企業の条件(この男、どのくらい影響力があるのか?)の一つなのかなぁとも私は考えております。

 ロータスとフォースインディのともに1席が未だ未定。ということは両方のチームとかなり詰まった交渉しているドライバーがいるということ。それはグロージャン?ブルーノ?スーティル?コバライネン?ブエミ?アルグエルスアリ?それとも…。

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://momocafe524.blog.fc2.com/tb.php/932-35027b20
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。