-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-11-23 15:23 | カテゴリ:SPORT
最終戦、チャンピオン争いより気になるもの!

ブラジルGPで今年のF1シーズンに幕が下ります。チャンピオンシップ争いはレッドブルのベッテルか、それとフェラーリのアロンソか?最後まで目が離せません。今の段階ではベッテルが優勢ですが、何が起こるかわからないのがF1の世界です。しかし、その争いよりも注目なのは2013年度のドライバーラインナップ。今年は中団チームの発表に異変が起こっております。つまり、中団各チームのドライバーの契約次第では、玉突きになるということを示しているのでしょう。

可夢偉の所属するザウバーは、セカンドドライバーのペレスがマクラーレンと契約。そして1人目のドライバーとして噂通りフェースインディアのニコ・ヒュルケンベルグを起用。そもそもヒュルケンベルグはフェラーリドライバー候補でもあったらしいのですが、不振のフェリペ・マッサが後半復活し、フェラーリとの契約を勝ち取ったため、ヒュルケンベルグのザウバー入りという形になりました(あくまでも推測ですが)。巷では、この契約によりフェラーリエンジンを無償提供してもらうメリットがザウバーにあるといわれてます。

そして、もう1席、ザウバーのシートに座るのは、鈴鹿で表彰台に上った、小林可夢偉…というふうには、どうもいかないようです。そこがこの世界の不可解な所。もっぱらの噂では、セカンドドライバーとなるのは、現ザウバーの3rdドライバーであるエステバン・グティエレス。現在、ザウバーのスポンサーはメキシコの「テルメックス」。これはペレスが持ち込んだスポンサー。そしてグティエレスもメキシコ人。つまりペレス移籍も、グティエレスを支援するため来年度もザウバーのスポンサーを継続する意向。

 そうなると、巨大な個人スポンサーをもたない可夢偉にザウバーのシートはないというわけだ。一般紙などは、これにより「ザウバー、小林を放出!」などという記事を書くわけですが、魑魅魍魎が跋扈するF1界は何が起こっても不思議の無い世界。

この後、報道を見ると、不可解な記事が並びます。

ザウバー「カムイの実力は知っている。結果が必要だとは考えていない。今シーズンは不運が続いていた。」

可夢偉「ザウバーはスポンサーを持ち込めとは言われていない。来季のシートは心配していない。」

ザウバー「ドライバーの発表は今シーズン中にする」

 現在、コンストラクター部門で、メルセデスを抜けばシーズン後の分配金額が変わります。スポンサーは持ち込まなくても、結果で貢献できるということなのか。しかし、シーズン中に2人目のドライバー発表ってことは…ポイント云々という条件ではないのか?

一方他チームに目を向けると、ロータスルノーは1stドライバーのキミ・ライコネンとの契約を発表。しかし、ここも2rdドライバー発表はまだ。順当にいけば、グロージャン残留という所なので、一般の記事ではロータスにシートの空きはない…と書かれてます。グロージャンは「トタル」の支援のあるドライバーなので契約更新は間違いないと思われますが、何故か契約更新の発表がありません。もしかしたら今季グロージャンのクラッシュが話題となり、出場停止という処分も受けていることも関係しているのでしょうか。

可夢偉「契約のためにスポンサーが必要になっている。10億円程度。」とコメント。ザウバーの公式見解と食い違っております。ザウバーは何度か「カムイにスポンサー持ち込みを必要としたことはない、彼の能力を知っているから契約をしてきた。」と完全にカムイがペイドライバーではないというコメントを出してます。そうなると、可夢偉のいう契約にはスポンサーが必要なチームって、ザウバー以外ってこと?

 グロージャンの分のスポンサーを集めれば、ロータスのシートの可能性もあるかも。いや、おそらくロータスとは交渉はしているのでしょう。

そして、2人目を明かしていないチームはフォースインディア。ディレスタは残留決定だが、2rdドライバーは未定。このチーム、資金的には不安定な所もあるが、着実に早くなっております。チーム代表は「ペイドライバーやベテランはいらない」とコメントしているところからも、可夢偉をはじめ、中団グループや、スーティルを筆頭に昨年浪人組もシートを伺っております。

 他にもウィリアムズルノーもシートが完全には埋まってはいないでしょう。全体の流れの中で流動的になる可能性もあります。

 そんな中、ザウバースポンサーの「テルメックス」から、来季ザウバーをグティエレスがドライブする、とコメント。ペレスもヒュルケンベルグとグティエレスのコンビであると明言。ザウバーはブラジルGP内にドライバーを発表するとコメント。これをどう読むかです。ザウバーにとってテルメックスの存在をどこまで重視するかだと思います。テルメックスの意向ならば、グティエレス起用をもっと早く発表できるでしょう。逆に言えば、ザウバーサイドがグティエス起用に難色を示しているため、メディアを通して圧力をかけているかに見えます。ザウバーは可夢偉残留を考えているのでは?

 一方の可夢偉は、ザウバー残留は最低ラインで、ステップアップの交渉中ではないかと思われます。彼の性格上、下位チームで走る気はなさそうですし、「勝つためにレースをしている」と宣言しています。最悪は浪人も辞さないでしょう。

ただ、ここに来て心配なのは、「1口一万円の募金サイトを開設した。」ということ。なりふり構わない位に困窮してるの?とも思われますが、本人は参戦へのモチベーションというような発言をしており、このお金でシートを手に入れようとは考えてないようです(シート獲得できるほどお金が集まるとは思ってないでしょうし)。

 全くの個人的な願望でいえば、来季ロータスで可夢偉が走る姿を想像しちゃいますね。私もルノーオーナーですしね。

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://momocafe524.blog.fc2.com/tb.php/927-3856b44b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。