-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-11-09 23:47 | カテゴリ:Showroom
話題のup!って?

先日、冬タイヤの件でルノー札幌へ行きました。その帰り道、時間があったので通りすがりのVWディーラーに飛び込みました。目的は、VWの新型車up!。日本専用のCMを流すなど、かなり力の入ったプローモーションをしている車種で、そのせいか、売れ行きも好調だそうです。

 クルマ好きの間でも話題のこのクルマ、身近な所で、リンク先の髭さんやozenさんのブログでも紹介されておりました。

平岸のVWへ行ったわけですが、ここにはup!の他、ポロ、ゴルフ2種、ゴルフカブリオレが展示されております。そういえば、VWへ来るのは、現行ゴルフが発売された時に、来て以来かな。

展示されているup!は4ドアです。何でも2ドアは売れていて、現在受注生産となるそうです。2ドアは価格が抑えられていることもあり、日本の軽自動車ユーザーをも視野に入れているそうです。

 全長3m50cmのボディはコンパクトなのですが乗り込むと、狭いとは思わないのがすごいです。そして、ドアの閉まる重厚な音にもびっくり。上級のゴルフと同じ感じなのです。

内装は、潔い造形となっており、インパネ周りは今風のミュージックプレーヤーやスマートフォン、タブレットを髣髴させる仕上げ。高級ではないのですが、細部まで気を使ってデザインされております。

VWの末っ子ながら、一番大きなエンブレムを顔の真ん中に配しております。そのあたりが、どこかユーモラスで可愛らしい印象を与えます。子供がぶかぶかな大人の靴を履いたような感じでしょうか。

 スモールカー好きは、見ただけでこのクルマが素晴らしいものであることは理解できると思います。あとは、走らせるとどうなんでしょう。いろいろ聞いたところ、ミッションの変速にクセがある…などという意見が多いみたいです。

試乗させてもらったわけですが、同行した営業氏もこのミッションについてお話しておりました。搭載されるのは「5速ASG」と呼ばれる、シングルクラッチのギヤボックスです。この手のギヤボックスでは、どうしても自動変速モードでギクシャク感がでてしまいます。変速のタイミングでちょっとアクセルを戻してやるなどの操作でスムーズに走らせることも可能ですし、積極的にマニュアルモードを使ってやれば、軽い車重のこのクルマをキビキビ走らせることも出来ます。

「ミッションが国産車のATとは違うので、必ず試乗して頂き、説明をした上でなければ商談に入らないように言われております。」と営業氏の言葉。正しいと思います。ただ、スタイルが可愛い!といって、このクルマを知らずに買い、後からクレームを入れる客もいるでしょうから。余談ですが、プジョー1007オーナーの中にも、2ペダルのギヤボックスに対し「欠陥車だ!」「坂を登らない」「坂から下がる」「クリープしない」という旨を掲示板等に書き込んでいた無知なユーザーが多数おりましたからね。
 
けっしてハイパワーではないですが、気持ちよく走れます。乗り心地も良く、音も静か。剛性感からか、いくつかクラス上のVWのよう。もしかしてこいつがあれば、ポロはいらないのでは?とも思ったりして。きっと将来的にこいつのGTIなど出るでしょう。今から楽しみです。

 結論からいうと、このクルマの弱点はどこ?と言われると…ないんですよ。もう完璧すぎるくらい。価格もお手頃だし、減税もついてくる。デザインもベストでは無いにせよ、相当高い次元であることは間違いありません。そして、余計な装備は外しているものの、安全面での先端技術は惜しみなく投入されております。 

まぁ、強いて探すとなると、やはりデザインでしょうか。どうもドイツメーカーがPOPにデザインを振ると、どこか野暮ったくなるんですよね。この辺りはイタリア・フランスのセンスの方が優れております。見て下さい。オプションのルーフフィルムのセンス…ちょっとヤバいですよ(笑)。でも弱点はこんな程度です。

 国産車を見ていると、一見安く、輸入車は高く感じますね。でも中身をしっかり分析し試乗すれば、国産車の方が割高に思えるはずです。だって最近の軽自動車も実際見積もり段階では驚くほど高くなってるんですから。
 

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://momocafe524.blog.fc2.com/tb.php/924-4aeeaf37
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。