-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-11-08 10:42 | カテゴリ:Tour
日本縦断の旅…

 ちょっと旅に出てました。

 こう書くと何だか素敵な感じもしますね。でも…いいや、何でもないです…。今回は言葉少なめでいきましょう。

“Some people feel the rain,Other just get wet."とは、かのボブ・マーリーのお言葉。「雨を感じるヤツもいる。ただ濡れるだけのヤツもいる。」と訳しましょうか。どんな状況の中でも、何かをつかみとりたいものですね。

 まずは、新千歳空港から羽田へ飛びます。そして羽田で乗り継いで那覇へ。北から南へ行くわけです。

 那覇へついたら、バスで南部へ移動。そしてお次は北部へまたまた2時間以上の移動。沖縄も南北に広いんですよね。

 翌日は美ら海水族館へ。文化の日の祝日なので、私の経験上、最高の混雑具合。もう人人人人…人。

 そして、また那覇に帰ってきて夜は国際通り。ケバケバしいネオンのお土産物屋さんが乱立。食事しようと思ってもどこもかしこも混雑です。

 土産買わないと…。私の土産ルールは…『同じものを大量に素早く買う』です。悩む迷う時間はもったいない。ですから店に入って30秒以内でレジに並んでます。

 翌日、那覇からまた南部へ行き、また那覇に戻ってきて、飛行機で関空に。関空からバスで京都へ。 日曜日ですので、渋滞必至。京都清水寺の駐車場に入るため右折が出来ずに15分。閉門間際の清水はこれまた激混み。そして、京都駅前に帰ってきます。

 宿泊場所に何故かいるこやつ。忘れてました、せんと君だっけ。残念ながら君の邪まな笑顔を見ても、この疲れは癒されないのだよ。

 そして翌日は、目の前の京都駅から新幹線に乗り東京へ。で、京葉線に乗り換え舞浜で下車…。

 お城が見える場所に来たわけです。ネズミーランドで、ネクタイしめてスーツ着て、つまらなさそうに座っているおじさんたちは、きっと同業者でしょう。

 幸せいっぱいの家族連れ。はしゃぐ幼児。魔法が解けたら二度とかぶることない被り物をしてはしゃぐ若者や大人たち。

そんな魔法にもまったくかからない我々の精神力を、内心褒めてあげたいな、とか思ったり。

 ツンデレ城の付近でパレードに出会います。皆魔法のせいか、パレードを嬉々として眺めてますが、魔法への耐性のある私は、「チッ、とんだ足止めだぜ」とクールに脱出ルートを探してます。

 魔法の国から、戻ってきて宿泊場所ですが、ここも微量な魔法がかかってるようです。夜中、ロビーに建設業のおじさん、お兄さんたちがドカドカやってきてホテルロビーにイントレを組み始めます。そして皆がすやすや眠っているうちに、巨大なクリスマスツリーが運び込まれております。…嗚呼、ここにも夜中起きて仕事をしている人達がいるのだな、とシンパシーが芽生えてきたりしております。

 舞浜から羽田空港、そして新千歳空港へ帰還。

 4泊5日での睡眠総時間……6時間。足が、肩が、腰が、首が心が痛いです。新千歳に帰還し、全てが終了した段階で、自分を携帯電話のバッテリーに例えるなら、バッテリー17%といったところでしょうか。

 空港からの帰り道、モモヤナギの運転するカングーは、どんな高級リムジンよりも快適で優しい乗り心地だったことをややしばらく忘れないでしょう。

 そして現在…お店なので、ネズミーマウスやドナルドアヒルとかの服を見かけたり、ネズミーマウスのマーチを耳にすると、途端に「あの旅のおもひで」がフラッシュバックします。どうやら軽い心的外傷後ストレス障害PTSDの可能性もあるのではないでしょうか…。
 
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://momocafe524.blog.fc2.com/tb.php/923-6e3eacac
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。