-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-06-12 22:21 | カテゴリ:Event
YOSAKOI ソーラン祭りに行って


きました。


 北海道の祭りとして、有名なのはおそらく冬にある「さっぽろ雪まつり」ではないでしょうか。例年、大通り会場と真駒内会場(自衛隊の基地内)で開催してましたが真駒内会場は昨今の国際情勢から本年度を持ちまして廃止となりました。雪まつりは、本州やアジア各国から観光客が集まりますが、地元民はほとんど行きません。ほとんど無関心に近いです。ですから誰でも参加して楽しむという「祭り」の意味合いからは大きく外れており、観光(商業的)のためのものになっております。 


 そして、もうひとつの北海道の祭りといえば今年で14年目となる「YOSAKOIソーラン祭り」も代表的なものになっています。
 鳴子を使い、踊りの中に「ソーラン節」のフレーズが入っていればOKというレギュレーションで、各チームが趣向を凝らした振り付け、衣装、パフォーマンス等を競い合います。 
 この祭りは当初大学生らが立ち上げ、参加は十数チームくらいでしたが、今では約330チーム。運営のスタイルも大きく変わりました。しかし私はどうも雪まつり同様、あまり関心がありません。参加したチームの皆さんはとても盛り上がり、楽しんでいるのがわかりますが、その楽しさが観客にはどうしても伝わらないのです。やれば楽しい、やらなきゃわからない。当たり前なんですけど、「ダンス・コンテスト」であり「祭り」ではないなぁというのが本音です。(YOSAKOI参加者の皆さま、あくまでも個人的な感想です。すみません。)
 ただ今年は、同僚の小学生になるお子さんが参加しており、その小学校の先生に高校時代の友人がいたことから、踊りを見に、家族で行ってきました。その小学校はジュニアの部で準大賞となり、ファイナルに残ったようです。是非ファイナルでも頑張ってもらいたいものです。

 この祭りが終わる頃、北海道にも短いですが夏がやってきます。
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://momocafe524.blog.fc2.com/tb.php/90-d18436d5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。