-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-08-11 11:35 | カテゴリ:Touring
仁義なき…

 本来はカングーで出発予定だった弾丸ツーリング。しかし緊急入院のためルーテシアRSでの出発です。うーん2台あるって便利だなぁ(笑)。

 この日は、朝から三井ホームと“仁義なき交渉”があり、正直すっかり精神的に疲れてしまいました。脳がだんだん痺れてきます。
 三井が送り込む、決定権の「ない“社長代理”と話しても先に進みません。そのため、型通りの話、言い訳、ウソ、開き直り、心のない謝罪で終始。

 結局、別の業者で16日から工事に入ってもらうことは決定させたのですが、完全にまだまだ円満解決とはいきません。

 この社長代理、おもしろいことを言っておりました。そもそも5月の工事を忘れていたことについて、「三井ホーム北海道」の公式見解として「それは、我々お客様のお互い様の部分です。」

 え?何でお互い様なの?

「お客様から連絡が入るものだと我々は認識してましたから」

 だって、4月に入ったら打ち合わせをするので、こちらから連絡します、と言われたのだよ。(しかもしびれを切らして電話したら、6月に「打ち合わせ」しましょう、といきなり言われたのだよ。さらに4月の打ち合わせと5月の施工は「忘れてました」と…。)

「それは、お客様が都合のいい時に連絡をするということです」

 ほーぉ。すごい言い訳だねぇ。それ、あんたの個人的見解かい?社の代表としての言葉?

「私は今日は社の代表としてここにきております」

 さすがに腹が立ってこう言っちゃいました。

だったら明日から、新聞とTVに広告打ってよ、『三井ホームからのお知らせです。当社の担当者から、こちらから連絡いたします、と言われた際には速やかにお客様の方から電話しろという意味だということを、ご理解ください。』って。そうじゃなきゃ、“三井ホーム語”を世間一般人は理解しないって。

 そんなこんなで、予定が大幅に狂いました。


弾丸ツーリングへGO!


 モモヤナギの仕事が終わる夕方に、迎えに行き、途中で夕食をとり、帯広方面へ向かいます。最近では高速道路なる便利なものが出来ているそうですが、基本的に弾丸ツーリングの掟は、下道を使うとなってます(自分ルール)。
 ですから樹海ロードをウネウネ走ります。日勝峠は、上の方は霧と雨。すれ違うクルマはトラックばかり。いやぁ、こんなところでカングーのタイベル切れてたら、笑えないよなぁ。最初、三井との“仁義なき交渉”が頭に残ってて、集中力を欠いてましたが、ステアリングを握りルーテシアを走らせると次第に嫌な事も忘れてしまうのがわかります。本当、クルマってすごい機械だよなぁ。

 今回の目的地の『十勝千年の森』は、帯広の手前の上川郡清水町羽帯にある施設。何があるの?と聞かれると森や野原とArt作品があるよ、というあいまいな答えしかできません。何でも千年後の人類にかけがえのない財産を残すというコンセプトの環境リゾート施設だそうです。

 面積でいうと400ha、東京ドーム85個分に相当しますが、いつも思う、東京ドーム○個分という比較、どうにかなりませんかね、分かったふうで実はさっぱりわからない比較なんで。

 夜、付近で一泊した後、翌朝10時開園にあわせて到着。実はよくわかってませんが、この『十勝千年の森』で、『北海道ガーデンショー』(6/2~10/8)が開催されているそうです。よくわかりませんが、とにかく行ってみましょう。
ちなみにガーデンショーの入場料は大人1500円です。

 この日の天気は曇り。予報ではこの後、雨になるそうです。入り口でもらったMAPを見ると、千年の森は4つのテーマ・ガーデン(Aアース・ガーデン、Bファーム・ガーデン、Cメドウ・ガーデン、Dフォレスト・ガーデン)と、招待作家によるデザイナーズ・ガーデンと、「恋の庭」「山羊の遊びの庭」をテーマとした応募作品から勝ち抜いた8つの庭で構成されるコンペティションガーデンがあるそうです。一応目安としてですが全て観覧するのに3時間はかかるとあります。

 しかし我々は100mくらいの所でもうすでに楽しんでおり、おい、いったい、いつになったら見終わるの?状態。

 歩く道にはチップが敷いてあり、非常に気持ちいいです。

 会場内は順路の看板がしっかりあってどちらに行けばいいのかは比較的わかりやすいです。しかも園内にガイドさんも立っており解説もしてくれます。これは招待作家の中谷耿一郎氏の『石の記憶』という庭。この森にありヒーリング効果も高いと云われている麦飯石を利用しています。

 この石垣に腰を下ろし、向かいに流れる小川を眺めていると、確かに癒されます。風も涼しくて…。

 ここはモモヤナギの楽しみにしていたところです。『Dress Garden』。人気なので沢山人が集まっています。

 ここだけ見たら何ですか?な所ですが…

 そこに立って反対側に回り込んでみたら、はいご覧のとおり。ドレスのスカートのように見えます。もうちょい前に来てたら花ももっと咲いてきれいだったでしょう。

 これ面白いでしょう。『VIEW』という札幌市立大学デザイン学部山田良ゼミの作品。三つの塔に入って、空を見上げると…。三つの塔によって見え方が変わってきます。

 順路に沿って歩くだけでも、マイナスイオンがいっぱいで気持ちがいいものです。

 ここは世界的なガーデンデザイナーのダン・ピアソン氏(よく知りませんが…)の招待作品『The Crossing』。この弧を描く木道は、ここが手付かずの自然ではなく、森と人間の共存を表しているそうです。ナルホド。

 そんな大先生の作品であるこの庭とひそかにコラボレーションしようとする人がいます…。

 「えい!」

 ダン・ピアソンwithモモヤナギ。『The Crossing & 葉っぱ星人』

とりあえず、あと東京ドーム60個分あると思うので次回に続きます。

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://momocafe524.blog.fc2.com/tb.php/897-79277460
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。