-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-08-07 16:51 | カテゴリ:Accident
やはり直したら安心だね…


 という、会話をしていたのが、今朝の話。いつもなら、ドン!と三速固定が起こるゾーンを難なくクリアしたカングー。ATにも頑張ってる感もなく滑らか快適。ご機嫌な通勤路でした。モモヤナギを職場まで送って、私は午前中に豊平区と江別の中学校を回り、午後からは厚別区の塾を回る営業の予定。今回はアポなしなので、広範囲ですが、カングーの快適ドライブ楽しむつもりでした。

 まずは豊平区を回った後、江別に戻り2校目の中学校まであとわずかの所でした。さ、ここを終わらせ、昼何食おうかなどと考えながら右車線を走行していた矢先、いきなり今まで聞いたことのない異音が発生。

ギュギャギャィィィアーン!!!

そう、まるで荒木飛呂彦先生の漫画の擬音のようです!

この擬音とともに、カングーはたくさんの警告灯がパパパパパ!っと華麗に点灯。そして駆動輪に一切の伝達をする事をやめました。



 とりあえず路肩に止め、エンジンをいったん切り、再起動。

…キュキュキュルルルルル、ル、ル…。

 セルは回りますが、エンジンに火が入りません。燃料系?電気系?

 「どうしたの?」と道行く散歩老人が声をかけます。もっとも漫画や映画のように実はこの老人、凄腕メカニックだった!などということはなく、普通の暇な(失礼)散歩老人でした。


 その証拠に「こわれて動かないんですよ」と答えると、「ガソリン入ってるの?」とだけ尋ねてきて、「はい」と答えると、「そうかい」とだけ言って日課の散歩に戻られました。

 とりあえず、こんな時は「JAF」に電話です。すると30分くらいで到着するというありがたいお言葉。
 それから搬送先のルノーに電話っと思ったら、本日火曜日。ルノー札幌の定休日です。あちゃー。

 そこで、お休みの所申し訳ないのですが、我らのスーパー営業マンT野氏に電話。すると、自動車保険の特約で、レンタカーとレッカーが保障されるそうで、そちらに電話せよとのアドバイス。そして休日ですが、ルノーにカングーを搬送しておいてとも言われました。

 原因は…素人にはわかりませんが、昨日変えたATFも何らかの影響があったのかな?


 そんなこんなで、JAFがクールに登場。ではJAFの華麗なお仕事ぶりをどうぞ!






 あっという間に、カングーの牽引準備完了。さぁ、ドナドナです。


 仕事があるんですが、規定上、私もルノー札幌まで同乗して行かねばなりません。目的の中学校は目と鼻の先ィィィィイイイイイイイ!!!


 途中、平岸街道で、“神田山陽”を目撃。JAFの方と私、思わず同時に「あれ、神田さんだ!」とつぶやいちゃいました。
 そんなこんなで、無事(じゃないけど)ルノー札幌に到着。私はこの後、保険屋さんが手配した代車のレンタカーを待ちます。

 待つこと30分…来ました。ホワイトパールがまぶしいこのお車は…。

 トヨタのヴィッツです。そういえば3代目には乗ったことがなかったな。

 商売道具を積もうとテールゲートを開けて、愕然。
これ4駆なのはいいんだけど、トランクの床、高!これじゃ何にも積めないね。結局後席に段ボール2個を押し込みました。

 エクステリアはそんなに悪い印象はありません。もっともそんなに良い印象もありませんが。

 問題はこのインパネ。何ですか、これ。どこに何があるのかさっぱり分からないのと、デザインされていなので、使いにくいのです。ヴィッツといえば2代続いてセンターメーターでしたが、普通のメーターに切り替わっていますが、特別見やすいというわけではありません。

 しかも何だか安っぽい(実際安いのでしょう)プラスチックのインパネが目に飛び込んできて、このシボもしつこくてうるさいです。

 走らせると、相変わらずドライブフィールを伝えない、軽いステアリングが嫌ですが、後は悪くはないですね。マーチよりも自動車な感じです。

 とりあえず、カングーは明日以降詳細がわかると思います。
今回の一件では様々な方が、Twitterで、アドバイスやら心配して頂きました。この場をお借りしてお礼を申し上げます。

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://momocafe524.blog.fc2.com/tb.php/894-1cc53b37
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。