-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-05-05 20:35 | カテゴリ:Tour
松前さくらまつりに行こう!

 朝の散歩から戻り、ホテルをチェックアウトして、次の目的地に向かいます。今回は函館市内の観光は、この朝の散歩のみ。

 次の目的地はどこかというと、松前です。ここも秋に行った場所ですが、やはり松前城は春がいいです。松前は北海道の代表する桜の名所でもあるので、楽しみです。

 朝、函館は曇り空でしたが、松前に近づくころ雨がポツリポツリ。そして次第にオートワイパーが素早いリズムで動き始めます。

「うわぁ、来たか~」予想通りとはいえ、少々残念。しかし、まぁ雨で濡れた桜もしっとりした風情で悪くないものです、と前向きに楽しんでます。

 GWなので大混雑を予想しておりました。クルマ停めれるかなぁ…と心配してましたが、あっさり一日500円の駐車場をゲットです。天気のせいで空いている?

 五稜郭と違い、こちらは咲いてる咲いてる!天守閣の前の「桜前線本道上陸標準木」の桜も見事に咲いております。こりゃ、テンション上がります。

 そもそも何故に松前城周辺が桜の名所なのかというと、京都からやってきた殿様の奥方や、商人たちが都を思い出し懐かしめるように、桜をさかんに植樹したことが始まりだとか。現在町内には1万5000本の桜の木があり、250種(日本の桜は約350種)の桜が見られるというから驚きです。

 今回、ここで見たいものは、光善寺にある「血脈桜(けちみゃくざくら)」。順路に従って行きましょう。

 さぁ、光善寺に到着しました。雨脚が強まってます。血脈桜の由来はこちらの看板でどうぞ。





 こちらが血脈桜です。松前を代表する名木で樹齢は300年以上です。桜の種類は大ぶりの花の「南殿」で、町内の南殿は、血脈桜を親木として増やされてます。

 血脈桜が開花したのは4月30日。で、見頃は5/5~11くらいのようです。

 この時、満開でしたが、この後その名前の通り次第に花が紅くなってきます。紅くなったところを見たかったのですが仕方ないです。またいつか見に来ようと思います。

 ちょっと北海道らしからぬ風景が目の前に広がってます。

 寺町を雨に濡れながら歩いて行きます。雨でも、この光景なんで逆に楽しくなってきます。

 こちらも有名な「夫婦桜」。1本の根から、「ソメイヨシノ」と「南殿」が咲いております。ソメイヨシノの白い花と南殿のピンクの花がきれいです。

 駐車場に戻るころ、雨が小降りになってきました。そっか、私。、雨男だったっけ。そろそろ昼食でも食べましょうか。(つづく)


スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://momocafe524.blog.fc2.com/tb.php/855-dd533b57
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。