-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-03-31 09:47 | カテゴリ:Etc
携帯機種変更です


 現在使用している携帯電話はSony Ericsonの「XPERIA SO-01B」というタイプです。この機種は国内でまだAndroidが十分普及していない時期に出した、スマートフォンの先駆け的なモデルです。この当時、スマートフォンといえば「iphone」。そこで、それに対抗機種として投入されたモデルでした。

 途中Android1.6から2.0にバージョンアップしましたが、その後のアップデートはなく、XPERIAも2世代目にモデルチェンジ。01Bをその後も使い続けていたのですが、さすがに不都合が生じてきました。まずは、内部の容量が少ないため、アプリをダウンロードすると、すぐに容量不足となります。ですから本当に必要なものしか残せなくなります。さらに深刻なのは、最近勝手にXPERIAが動いてくれることです。

 たとえば、携帯を置いておいたら、勝手に壁紙を変更してくれる。さらに勝手にゲームをダウンロードしてくれたこともありました。ちゃんと無料のアプリという所が気が利いております。
 そして、AMAZONのアプリで、この間は何だかわかりませんがエッチな漫画のコミックを選び、買う一歩手前になってました(汗)。
 さらに、画面にロックをかけようともしてくれるところでした。かけられたら私はその電話使えないです(笑)。一応セキュリティのアプリを入れておりましたが、こんな感じです。いわゆる遠隔操作系なんでしょうかね。


 そこで、機種変更の時期にはちょっとだけ早いのですが、前倒しで購入してきました。ショップに行く前はこの間発売された「XPERIA acro HD」を買おうと思ってましたが、ショップのお姉さんに「お客様の好みですと NXはいかがでしょうか。」と案内されました。

 NXの事は2月の発表時にチェックしていましたが、すっかり忘れておりました。日本向けの「acro」に対して、ワールドワイドの「NX」という立ち位置です。車ででいうと、ちょっと前のホンダアコードとアコードインスパイアという関係でしょうか(よくわからん例え?)。

 何が違うの?というと、基本的なスペックは同一。ただ赤外線・ワンセグ・おサイフ・防水という日本人が欲しいガラケーの機能を盛り込んだ“全部のせ”モデルが「acro」。それに対し、その機能を外したモデルが「NX」です。さらに内部容量は「acro」では16GBですが、「NX」は32GBと魅力的です。「NX」はSDのスロットルを持たないため、外部にリーダーを装着して対応するのはスマートじゃないのですが、許容範囲。

 何よりも、シンプルな分、動作も安定し速いという目に見えないメリットが見逃せません。“全部のせ”の全ての機能は私には全く不必要なため俄然。「NX」に心が傾きます。しかもデザインは「NX」の方が、より新世代のXPERIAらしいと思います。

 しかし…さんざん盛り上げてくれたのですが、「すみません、今在庫確認したら、生産完了で在庫もないです~」とショップのお姉さん。
 2月発売で、すでに完了…。どんだけdocomoは売る気なかったんでしょう。

 ムルティプラの時は、マイナーチェンジであの顔がなくなる!ということで衝動買い。ルーテシアRSも、輸入停止と聞いて慌てて買いました。どうも私はこのパターンに弱いようです。

 そこで各店舗に連絡をとってもらい、在庫のある店を探してもらいました。もともと黒と白の2色しかない(01Bも確か2色でした)のですが、在庫は白のみ。白い携帯は初めてですが、現物を見ると非常に落ち着いていていい感じです。とりあえず01Bに比べて格段の進化と、キーボードの打ちやすさを実感しております。マイナー機種を使うということは、「人と違うものを使いたい」というへそ曲がりな自分を満足させる行為なのかもしれませんね。


今日の仏蘭西さん



 通勤途中に、某豚丼屋さんがあります。正直言ってずるいです。何故って、この豚丼屋さんの周辺はもう、何とも言えない美味しそうな香りがただよっているからです。クルマに乗っていても周囲にはその香りがするわけです。
 そんなわけで、そのお店で夕飯を食べ、ふと窓の外に駐車場をながました。すると、お店に入ってた時には、なかったのですが、ルーテシアの横にシトロエンが停まっております。


 しかも、C3プリエル。おしゃれです。北海道はラテン車の弱い地域ですが、同じフランス車を見かけると、何とも親近感がわいてきます。札幌ナンバーなので、また遭遇することを楽しみにしております。


今日の伊太利亜さん



 最近ではすっかり日常の光景として新チンクチェントを見かけます。しかも、今までフィアットなんぞに関心がなかった普通の人が乗っている場合が多いのは、何だか嬉しく思います。これをきっかけにラテン車が北海道に増えてきたら楽しいな、と。
 
 それにしても札幌の街中はもう雪がなくなってますね。江別はまだまだですが…。
 4月1日の日曜日夕方に、ルーテシアの短期入院します。フロントガラスとボンネットの外科手術を予定しております。代車には今回は日産の某車が決まっております。こちらもちょっと楽しみかもしれません。
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://momocafe524.blog.fc2.com/tb.php/845-056262df
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。