-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-03-19 18:04 | カテゴリ:SPORT
2012年開幕!!


 待ちに待った2012年のF1GPが昨日開幕しました。初戦はオーストラリアGP。

 今シーズンはフジテレビによる地上波の放送がありません。セナプロの時代には人気のコンテンツだったF1も今や世間ではマイナースポーツとなっており、このフジテレビの対応も理解できます。むしろBSフジで中継してくれるだけでもありがたいわけです。


 今年は、キミ・ライコネンの復帰により、史上初の6人の世界王者が雌雄を決する凄まじいシーズンとなりそうです。しかも今年はブロウンディフューザー禁止を受けて、マシンの勢力分布にも異変がおきそう。今年の開幕のF1パイロットの顔ぶれですが、最終戦までこのメンバーという保証はどこにもありません。

 中堅チームもペイドライバーがいなければ戦えない状況なのも複雑な思いです。そういえば、ストーブリーグ中にケータハムと契約していたヤルノ=トゥルーリがシートを失ったので、今年はイタリア人ドライバーが0人という寂しさです。


 テスト中から不調がささやかれていたフェラーリ。今年は一転して攻めたマシンですが、戦闘力を持つにはまだまだ時間がかかりそうです。予選では下位に沈んでしまいます。それでもアロンソは、この“気難しい馬”をねじ伏せるように走らせます。


 フリー走行絶好調のザウバーの可夢偉。今年が勝負の年なわけですが、可夢偉はいつも冷静に自分の立ち位置を見失っておりません。表彰台を目指すよりも着実に安定したポイント獲得を目指しております。
 今年のマシンは完成度が現段階では高そうです。後は、後半に向けてのアップデートが可能かどうかです。


 スタート時にザウバーのペレスに接触され、リアウイングを破損するというアクシデントがありながら、タフなレースを粘り強く続けます。
 実はこういうときの可夢偉って何かをしてくれます。
ファイナルラップの時に9位を周回。ポイント獲得だと思っていたら、このファイナルラップに波乱のドラマが。

 まずは6位ウイリアムズのマルドナドが、ペースが上がらない5位のアロンソを強力にプッシュ。しかしさすがはアロンソ、しっかりブロックです。でも苦しそう。するとマルドナドは、あきらめポジションを守ろうとしたした瞬間、フェラーリの後ろの乱気流でコントロール失い、まさかのクラッシュ。一瞬にしてポイントを失います。

 一方7位はザウバーのペレス。8位のメルセデスのニコ・ロズベルグとバトルです。ペレスは最後尾でのスタートというハンディがありながらも、ピット1ストップ作戦で7位を死守。しかしファイナルラップではタイヤがもたない状況で、かなりペースを落としてます。その間、9位ザウバーの可夢偉、10位ロータスのライコネンが肉薄です。

 マルドナド、クラッシュで、路面には破片が散乱。ペレスはこれを避けるためスローダウンした時に、ロズベルグが勝負にでます。ペレスをパスするも、接触しタイヤがパンクし、2台ともスローダウン。その一瞬の隙を見逃さず、可夢偉が2台をパスして一気に6位に。この模様は国際映像にきちんと映ってなかったので、何が起こったのか謎でした。

 ファイナルラップの大逆転。レースは最後まで何が起こるか誰にもわかりません。


 このレースをスタートから導いたのは、マクラーレンのバトンとハミルトン。しかし、レースとなるとレッドブルのベッテルが手堅く2位を獲得です。

 終わってみたら、リタイヤしたもののメルセデスのシューマッハは今年こそ表彰台も無理ではない位置にいそうです。ロータスも前評判通りの速さを示しました。ライコネンもしっかりポイントを稼いでます。予選では今ひとつでしたが、この決勝ではライコネンは存在感たっぷりです。


 それに、今年の段差ノーズのF1マシンもすぐに見慣れてしまいました。そんなわけで、来週末のマレーシアGPも楽しみになってきました。
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://momocafe524.blog.fc2.com/tb.php/841-eac9d390
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。