-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-02-19 19:49 | カテゴリ:Touring
納車1周年


 ルーテシアRSが我が家に来て、今日で一年になりました。夕方にルノー札幌に受け取りに行き、その足で小樽に行ったのです。ただすでに夜で、しかもかなり吹雪いていたので、夕食を小樽で食べ、帰ってきました。その時、レストランの人が「ルノーの新しいクーペの黄色もこの色ですか?」と尋ねてきたっけ。

 この一年ですっかり馴染んだルーテシア。毎日、故障もなく楽しく走ることができております。


 今日、出かけてすぐに揃ったゾロ目。本当は24000kmも撮れたのですが、あまり面白くなかったので、24024kmでパチリ。


冬の水族館へ行こう!



 今日は久しぶりの休日なので、お出かけです。さて、どこに行こう?話題の札幌モーターショーは、すごい混雑らしいです。私、行列で待つ事が人生の中で4番目に嫌いなのでパスです。

 そこで向かう先は、小樽にある「おたる水族館」。現在冬季営業をしております。この水族館は、札幌近郊の人ならば必ず一度は訪れるであろう場所。そして、ここは昔から変わらない昭和なテイストの水族館です。正直全然お洒落ではありません。水槽の魚たちも「きれい!」ではなく「うまそう!」です。そう、水槽には鮭、鰊、平目、鰈、鯖、毛がに、タラバガニの姿が…。

 
 通常ならば、専用のプールがあるのですが、冬期間営業なので、入り口すぐの所に、ゴマフアザラシの子供が4頭がおります。アザラシの中にも、要領のよいもの、要領のわるいものがいるようで、食事タイムになると、餌の魚を横取りされるアザラシもおります。


 エイとサメの水槽。両者の違いは、エラが横にあるか、下にあるかだそうです。



 
 このアオウミガメの名前は「太郎」。見てお気づきかと思いますが右肢がありません。太郎は以前に傷つき瀕死の状態で北海道の海岸に打ち上げられた所、保護・治療され、無事成長をしたとのことです。


 イルカスタジアムにて。バンドウイルカ3頭のショーが楽しいです。イルカも今年のF1のように段差ノーズですね。


 イルカのジャンプ。スタジアム内の太陽の絵が昭和な感じですね。客席の最前列は大きな水しぶきで濡れますので覚悟が必要です。


 最近ではあちこちでやっていますが、ここでもペンギンパレードを見ることができます。今日は昼ごろは比較的暖かく、外にいてもそんなに寒い思いはしない一日でした。


 土日。祝日のみ開催される、バックヤードツアー。売店で受付をすれば参加できます。12:35と14:35の2回開催です。
 すでに12時の回は定員に達してますが、14時の回は定員に余裕があるそうなので、申し込みすると「5分前に集合して下さい。」と、このプレートを渡されました。
 しかし、14:35を過ぎても、係員があらわれず、売店の方が連絡をとり、10分遅刻で係員さん到着。しきりにお詫びをしておりました。まぁ全然ノープロブレムですが。


 10名程度の客を集め、水槽の前で説明。そして、いよいよ、普段お客さんが入ることが出来ない、扉を開けていよいよバックヤードへ。


 水槽の裏側へ。ちょうど上から覗く形です。実際、水槽の中からタコやヒトデ、ウニ、ツブ、ナマコなどを手に取り説明をしてくれます。


 私はどうしてもヒトデだけは苦手なんで、ちょっとパスです。

 あ、ちなみに係員さんの説明の中にありましたが、流氷の天使クリオネ、わずか数ミリの生き物ですが、その1匹のお値段は…

ジャカジャン!5000円だそうです。


 小樽から帰ってきて、ルーテシアの走行距離24115km。1年間の距離です。25000kmには届きませんでしたが、結構走りました。過走行倶楽部ですが、それだけ走らせるのが楽しいクルマ。日本ではマイナーなメイクスですが、ルノーってどう?と聞かれたら、一年でこれだけの距離を走りたくなるメーカーだと思ってもらえればわかりやすいと思います。
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://momocafe524.blog.fc2.com/tb.php/834-7dd2304e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。