-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-11-06 18:41 | カテゴリ:Touring
想像したのとは…


 遅く起きた日曜日。そういえば、昨日から江別セラミックアートセンターで、『第5回 えべつFUROSHIKIフェスティバル2011~風呂敷デザインコンテスト』が開催されていたなぁということで、近場ということもあり、ひとっ走りです。


 中に入ると、一面応募されたデザイン風呂敷がずらり。このイベントは初めてだったので、勝手がよくわからなかったのですが、HPなどに書かれてた文章から想像していたものとは、正直違ったみたいです。

 応募作品の大多数は、微笑ましい小学生の作品。うん、何だか日曜参観に来た保護者の気分です。



 で、展望台に登って駐車場を眺めたりしました。おっと、駐車場の端で、ミニオフ会(?)が行われています。2台の新旧のティアナオーナーがお互いの車を撮影したり、エンジンルームに頭を突っ込んだり。

 ちょっと不完全燃焼だったので、ぶらりと車を走らせました。
じゃあ、今日は日曜なので、久しぶりに行きましょう。

長沼の『絵本屋 ぽこぺん』です。


 前回行った時は他のお客さんが居ませんでしたが、今日は子供連れの家族が次々と訪れます。

 ここは、本当に絵本が好きな人なら楽しい場所です。お店ですが、小さな玄関で靴を脱いであがるので、何だか知り合いのお宅に遊びに来たような錯覚すら覚えます。
 

 店主セレクトの内外の絵本がずらり。特別表示はありませんが良く見るとジャンルごとに絵本が分けられております。絵本初心者(?)の方には、店主の飛鳥さんが丁寧にお勧め作品やアドバイスをくれます。まさに絵本のソムリエといったとこでしょうか。


 絵本を眺めていると、飛鳥さんが、若いお母さんにアドバイスしている言葉が耳に入ってきました。

「読み聞かせをすることは、子供だけじゃなくてお母さんにもいいことなんですよ。お子さんが小さいうちは、家で子供とずーっと一緒なので、ストレスがたまることもあるでしょ。だから声を出して本を読むってことは、いいことなのよ。」

なるほどね。

 いろいろ欲しい本がありましたが、その中で他でも目にして買えそうな本は、また今度にして一冊買って帰りました。


野菜をお腹いっぱい食べよう!



 長沼方面って、実は結構面白いエリアですよね。ドライブ好きなら程よい距離とアップダウンに富んだ道。そして田園風景。おいしいお店もいろいろありますし。
 ぽこぺんから、7kmくらいのところにある『Ristorate CRESS 長沼店』(夕張郡長沼町東1線北10 01238-2-5500)でちょっと遅い昼食をとります。


 ここは、いつも混んでいるという評判のお店。14時過ぎに行きましたが、20分待ち。メニューは、基本1500円のビュッフェスタイルで、先にチケットを購入。待つ場合には、携帯電話に連絡をくれるので、店を離れても大丈夫です。店の外に、庭があったり、雑貨屋さんがあったりなので、時間もつぶしやすいです。

 料理は、パスタを中心としたメインを選ぶと、後はスープ、サラダ、ドリンク、パン、デザートがビュッフェ形式となってます。長沼町なんで、新鮮無農薬の野菜が美味しいのはさすがです。
 なので、混み合っている理由もよくわかります。


 本日「ぽこぺん」で私がチョイスした絵本は『虫めづる姫ぎみ』(森山 京・文 村上 豊・絵 ポプラ社)。

 古典『堤中納言物語』の中の異色の一編を原作にしたお話。

 時は平安時代、さる大納言に大変、変わった姫がいるそうだ。この姫、ファッションやメイクには全く興味がなく、代わりに「虫」に夢中。特に毛虫が大好き。

 現代でこそ個性的で自己主張の強い女性は魅力的に映りますますが、平安時代では、どう映ったことでしょう。この絵本からは虫めづる姫はとてもチャーミングな姫に映りますよ。そうそう、あのジブリの宮崎 駿監督が『風の谷のナウシカ』を創作した際には、『虫めづる姫ぎみ』にもインスピレーションを受けたそうです。

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://momocafe524.blog.fc2.com/tb.php/796-7de6fb7f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。