-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-10-22 18:44 | カテゴリ:Touring
テンションがあがるところ…


 『日出クラッシックパーク 麗灯露』は毎週土曜・日曜のみ営業しております。そしてGWから、11月中旬の営業ということで、3人の予定が合うのが、今日だったわけです。私も以前からここに行ってみたいと思ってましたが、なかなかタイミングが合わなくて、今日が初となりました。


 いろいろある車の中でも我々三人のお目当ての一台は、このルーテシアV6(フェイズ1)。ご存知のとおり、大衆車ルーテシアに3リッターV6エンジンをミッドシップに搭載しているというモンスターです。後部座席のところにV6ユニットがあるわけですから、普通なわけがありません。


 bleuarticさんは、メガーヌの他にもルーテシア2を所有されております。で、私もルーテシアオーナーなんで、こいつが気にならないはずがありません。


 そして、もう一台が「ルノースピダー」。あのクリオウイリアムズのエンジンをミッドシップに搭載したルノースポール製のオープンスポーツ。
このモデルはフロントスクリーンがあるから、まだ普通に見えますがとんでもないヤツに間違いはありません。


 それにしても、クルマ好きなおじさんたちには、「おおぉ!」という場所です。ここのコレクションの昭和の国産車がメインですがラインナップは幅広いです。


 ビートのご先祖さまのS600もあります。


 ビートのいとこの兄さんのNSXも。


 バーキン7までありますよ。いやぁ、いつも思うのは、セブンシリーズ、運転したいとはおこがましくて言えませんが、せめて助手席に乗ってあの加速を体験したいものです。


 トレノといえば、豆腐屋のクルマじゃなくて、おじさん的にはTE27ですよね。


 お昼は、ここの人気メニュー『ポークカレー』。何だか懐かしい、やさしい味のカレーです。それにしても、ま さん、bluearticさんと出会ったのは、9月のFBPでした。同じようなクルマに乗ってなければ、会うこともない人たちですが、今こうやって、話をして笑って、カレーを食べているのが不思議なものですね。そう考えると、ルーテシアに乗ってから多くの人と知り合うことができました。フランス車って、クルマでありながら、コミニュケーションツールにもなってくれているんですね。

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://momocafe524.blog.fc2.com/tb.php/787-dc90ee30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。