-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-07-29 22:23 | カテゴリ:SPORT
158km/hの漢(おとこ)、逝く!


 朝、ニュースを聞いて、呆然としました。伊良部という名前を聞いて、「また、あいつアメリカで捕まったんか、もうしょーもないヤツだなぁ。」と思っていたら「ロスの自宅で、遺体で見つかった。」という報道。

「…(絶句)」

 伊良部といえば、ロッテで当時日本人最速158km/hを記録する、規格外の投手。その後、メジャーに移籍し活躍。そして2003年にはわが阪神タイガースに入団し、優勝の立役者の一人となりました。しかし2004年に戦力外通告で最初の現役引退。その後、アメリカでビジネスなどをしているという話を聞きましたが、なかなかうまくいかなかったようです。そして数年前、四国独立リーグでカムバックするというニュースを聞いて、「お、やっぱり彼のピッチングまだまだ見たい!」と思わせるファンを喜ばせました。しかし、わずか2試合で再び引退発表…。

 アメリカ時代も、その体格・風貌の示す通り悪童ぶりを発揮。「まぁ、日本にも素行の悪い外国人選手がいっぱいいたから、これでおあいこだよ。」なんて思ってました。

 ただ、彼の野球に対する姿勢は繊細そのもの。阪神のOBや選手・コーチ・監督らはこぞってそう口にしています。

 私も同じように思います。彼が酒でのトラブルも多かったように聞きますが、酔って暴れるタイプの人の多くは、気の小さい人です。酒を飲まないと心配でいられないというタイプ。彼もマウンドという孤独な場所に立ち続けるには、あまりにも優しくて気が小さく、繊細な人間だった気がします。
 
 そして野球を離れた後の、彼もやはり飲まずにはいられなかったような精神状況だったのでしょう。彼の周りにケアしてくれる友人や家族もいたでしょうが、本当に残念でたまりません。

 速過ぎる男の早過ぎる死…伊良部秀輝氏の冥福を祈りたいと思います。
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://momocafe524.blog.fc2.com/tb.php/744-c6e7ea59
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。