-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-07-15 01:53 | カテゴリ:Etc
ビート後継車ついに発表!


 以前から、出るぞ出るぞと噂が先行していた新型ビート。コペン発表後には、ホンダの営業さんから、うちも近々ビートの後継を出します!という言葉をもらっていたわけですが、その後、ウンともスンとも話は聞こえてきませんでした。そのうち、次々とスポーツカーを廃止していったホンダ。

 そのホンダの流れが変わったのは、CR-Zの好調さでした。(今は売れてるかは知りませんが。)エコ+スポーツはおいしい!とホンダは感じたのでしょうね。ここに来て、正式なアナウンスではビート後継が近年中に発売される、ベースはCR-Zである、軽枠にこだわらない設計で若者にクルマの楽しさを伝えたい…というような内容だったと思います。小型スポーツはホンダの「エス」からの伝統。果たしてどうなんでしょうか。


 旧ビートオーナーの独断と偏見に満ちたビートの定義は、(1)オープンカーであること。(2)小排気量のMTであること。(3)エンジンは高回転のNAであること。(4)ミッドシップであること。(5)2シーターであること。(6)小さいながらも、オリジナリティなスタイリングであること。


 ハイブリッドでも何でもいいのですが、実際ミッドシップ化は難しいかなと思っています。ビートは発売前には「S660」などという呼称をスクープ記事などで使われてましたが、決して「エス」の後継ではなかったのです。その象徴がFRではなく、MRということ。

 ちなみにS2000は、「エス」の末裔ですので、当時ホンダが持っていなかった、FRシャシーを特別に起こして作ったモデルです。あのサイズでミッドシップにこだわったのはビートは「エス」の後継ではなく「NSX」のファミリーだと思っていたからだではないでしょか。ですから、新しいビート後継がMRでなければ、やはりビートでないと思います。

 私は、原理主義者ではないので、絶対認めないとは思いませんが、新しいビート後継をショールームで見てもたぶん欲しいとは感じないでしょうね。オリジナルミニのオーナーさんや、ビートル、チンクのオリジナルオーナーさんもきっとそう思ったのかもしれません。

他のビートオーナーさんはどう思われているのでしょうか?
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://momocafe524.blog.fc2.com/tb.php/737-9f336a3e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。