-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-07-06 23:49 | カテゴリ:Etc
早くも夏バテ?


 北海道人なので、暑いのは苦手。しかしここの所、暑くて湿度が高いんですよね。職場もめちゃくちゃ暑いし、ちょっと夏バテ気味?…で帰ってから、あんまり食欲なく、気がついたら布団以外で意識不明に…。これじゃ身体にいいわけないよ、ってなわけです。そういえば、膝の調子もだんだん悪くなってきてます。演劇の方もようやく、エンジンがかかってきた所、来週あたりに大道具制作の第一弾が始まります。


 あたり間ですが、それでも仕事には行かなくてはなりません。で、通勤途中に出会う気になるクルマを何台かチョイス。
まずは、スズキのソリオではなく、三菱のデリカD2。あのデリカの名を名乗ってますが、血縁関係はまったくない、鈴木家からの養子(OEM)です。

 このごろ、自動車業界はOEMが大流行り。開発費をかけずにラインナップを充足でき、その浮いた予算を新技術開発に回せる、と会社にはいい事づくめの仕組みです。すでに、トヨタ=ダイハツ=スバルは積極的にOEMを展開してますし、日産=三菱・スズキ、そして今度はマツダともOEMを展開してます。 しかし、これってどこか、消費者不在な気がしません?

 デリカD2のカタログは見たことありませんが、おそらく様々な美点を三菱が作ったかのように書いてるんでしょう、きっと。客にしてみても、リセールバリューを考えても、オリジナルのソリオを買わないで、三菱のを買う必要性があまりないですよね。

 他メーカーと同じ商品でも、消費者をわからず買って行くよ、とでも言わんばかり。欧州メーカーのように、シャシーやエンジン、足回りを共用しても、その会社特有の味がでるような、OEMなら良いんですがね(それじゃあOEMじゃないか?w)。


 こんなに格好いいのに、どこか影のうすかった、アルファGT。見ると若造、若者が乗っておりました。ピニンファリーナのGTVも良かったですが、ベルトーネの、このGTもまとまりが良くて好きです。欧州車には、必ずこうしたクーペが存在してるのも素敵なところ。私は、次のクルマを、是非クーペにしたいのですが、アルシオーネSVX亡き後、国産には心に刺さるクーペがありません。そう思うとフェアレディZやスカイラインなど、クーペを残してくれる日産は相当良心的なメーカーなのかもしれません。まぁ、バックにはルノーがついているせいかもしれませんが。


 仕事の帰り、ヨドバシカメラへ行き、空気清浄機のフィルターを買いました。私は猫アレルギーなんで、空気清浄機がなければ生きていけません。

 そこの駐車場に止まっていた、シトロエンC5ツアラー。気のせいか、札幌は中央区でよく仏蘭西車を見かけます。で、このC5パッと目にはシトロエンぽく無い常識的なたたずまいです。でもハイドロの乗り味はきっとシトロエンじゃないと再現できない世界じゃないですかね。

 こんな、ワゴンでゆったりと出かけたら気分よくなるでしょうね。
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://momocafe524.blog.fc2.com/tb.php/731-3953e8e2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。