-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-06-15 23:02 | カテゴリ:SPORT
必死のパッチ!


 開幕から波に乗れないうちの球団。あれよあれよという間に、最下位へまっしぐら…と思いきや、意外なことに気づきました。

 あれれ、そうか、交流戦、今年もセリーグみんな負けてるのね…。つまり、毎日負けてたタイガース、借金は増えつつも、ゲーム差はそんなに離されていないという現実。そして、ここに来てようやく打線が上向き始めてきました。
 前回、札幌ドームでハチャメチャな試合をしたタイガースですが、今回は聖地甲子園に、日ハムを向かえ、リベンジや!

 先日は、岩田とタケダマ猿との無援護対決。
ともに0対0の投げ合い、岩田も武田も好投しても誰も得点してくれない悲しい投手です。でも岩田はスライダーを武器に、強い気持ちで投げる投げる。もう今日は勝つまで投げるつもりだったと、初回から全開で飛ばします。

 9回裏、岩田は延長戦を考え、キャッチボールをしてたところ、関本が気合で打ったサヨナラヒットで勝利!サヨナラを打った関本は1塁を回るとき、キャッチボールしていた岩田に手を合わせ“今まで打たんでごめんね!”とポーズ。劇的な幕切れでした。
 ヒーローインタヴューで関本は「ゴミを持ち帰りましょう」と「必死のパッチ」のどちらかのもちネタを披露するか悩んでますといい場内を沸かせます。


日本一の男と対決!



 先日の勝利で、4位広島を射程圏内におさめたタイガース。しかし今日の日ハムの先発は、日本一の投手ダルビッシュ。44イニング連続無失点という目下絶好調、これは打てないよな~。でも、タイガースはあきらめたわけではありません。


 ダルビッシュの記録は46イニングでストップ。何と打者新井のところで痛恨のワイルドピッチ、46イニングで記録はストップ。待望の先制点です。しかし、さすがのダルビッシュ、後続をきっちり断ち打線の援護を待ちます。
 うちも好投していたメッセンジャーも同点に追いつかれ降板。ルーキ榎田。ピンチを招くも、後続を断ちます。

 そして、この男。開幕以来絶不調のマートン。しかし、気がつけば3割を超える打率で、すっかり昨年のような怖いバッターに戻っております。


 藤井のバント失敗ゲッツーの後の嫌な空気を振り払う、マートンのタイムリーで2対1。再びリード。


 ダルビッシュから貴重な貴重な追加点。この後、すっかり復活した小林宏が完璧なリリーフ。そして、最終回はもちろん、守護神球児。日ハムを抑え試合終了。これでタイガースは4位浮上!

 ヒーローインタヴューはもちろん、マートン。「日本一のダルビッシュを打ったから、あなたが日本一!」と持ち上げられましたが「それはわからない」とはぐらかされました。そこでインタヴュアーは「では、甲子園の阪神ファンはどうですか?」とさらに誘導します。

 ここで普通ならオマリー以来の伝統から「ハンシンファンハ、イチバンヤー!!」と日本語で答えると滅茶苦茶盛り上がりますが、そこはマートン。英語で「阪神ファンは日本一だと思います。」とコメント。ナインの皆さん、彼に正しい受け答えを教えて上げて下さい。

 それでも盛り上げようと「是非上手になった日本語、関西弁で何かお願いします」と突っ込まれると「マイドー、オオキニ!」と絶叫。

 この後、ボールを外野のファンに投げ込むファンサービスではいつも守備位置のライトスタンドに向かってです。しかし本日は異例のレフトスタンドへ投げ入れます。「これは珍しい。いつもならライトですが、今日はレフトスタンドです。これもファンサービスの気持ちでしょうね。」と解説してました。しかし…

 ロッテ戦で、マートンはアウトカウント間違えて、2アウトなのにライトスタンドにボールを投げ入れちゃったでしょう、きっとトラウマになってるんじゃないですか(笑)。

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://momocafe524.blog.fc2.com/tb.php/720-bf4fe551
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。