-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-06-02 22:16 | カテゴリ:cats
身の毛もよだつお話…

 本日、出勤しようといつもの道をルーテシアで駆け抜けようとすると、家を出てすぐに、渋滞が。「何でここでつまるのよ?」と思っていたら、原因がわかりました。それは…火事です!消防車3台にパトカーで反対車線が封鎖されておりました。朝から火事とはお気の毒に…としみじみ思った私でした。なぜなら…。

これは、5月30日に起こった、実際のお話です。それでは再現フィルムでお届けいたします。


 私はここ数年、朝起きて、仕事に行く前に自分の昼食の弁当を作っております。もっとも、自分で作るより仕方のない状況なのですが、問題はそこではありません。弁当作りがおわり、身支度をし仕事に向かいます。
 
 それから、約12時間後…。

 帰宅した私は、猫らにご飯を与えて、どれ自分の夕食の準備をしようかと、キッチンに立ちました。実際自分の分だけの夕食をつくる事ほど、面倒な行為はありません。
 でも仕方ありません。肉でも焼こうと、朝使った、玉子焼き用のフライパンをどけた時の事でした。

 そのとき、私の目の前に想像もしていなかった事態を、目の当たりにしました。それは!…


 フライパンをどけると、何とガスコンロに火が付いているではありませんか!!(※)写真は、そのときのmomo-cafe氏の証言に基づいた再現映像です。

 もう、私は目の前がクラッとしましたね。だって、お弁当作ってガスを消し忘れたわけですから。12時間もフライパンを火にかけていると考えたら、火事になってないことが奇跡な気してきました。

「何やってる自分…。」

 でも、冷静に、まず12時間熱せられたフライパンを冷まそうと、水道の水をかけたときでした。

 「あれ?」

 このシチュエーションなら、フライパンはジュ~~!!という音と水蒸気がでますよね。しかし、フライパンから音も煙もでてません。

「んんん??」

 そういえば、コンロ付近を触っても熱くありません。つまり12時間以上火がついていたとは思えません。そう、私が帰ってくる少し前に点火されたと考えた方が自然かもしれません。

 現在、この家には私以外誰もおりません。…とすると、犯人は…?


 は、犯人?誰の事にゃ~、私そんなことしていないにゃ-。私を見るとそそくさと逃げて行きます。


          あやしい!


 我が家のガスコンロのスイッチは回すタイプではなく、長押しして付けるタイプ。つまり猫でも十分に着火することが可能です。


 そして、防犯カメラの映像がこれ(嘘です)。どうです、悪そうな面構えでしょう。この後、猫は犯行に及んだと見られます。

 帰宅する私のために、料理を作って待っていてくれたのなら嬉しいのですが、帰宅したら我が家が無くなっていた…なんて事になると、茫然自失ですよね。その日以来、使用しないガスコンロは、必ずロックすることになったのは言うまでもありません。

 皆様も、猫による出火にはご用心を!


AMAZONからのお届けもの



 今日帰ったら郵便受けに届いていました。この間、注文していたDVDです。『幕末太陽傳』。(1957年 川島雄三監督)
 昔、TVのBS放送で見たことありますが、AMAZONで見つけて、ポチっとカートに入れてしまいました。若き日のフランキー堺や石原裕次郎(“昭和な女子”の“ねえさん”が大ファンです)、小林旭、二谷英明、南田洋子らも出演しております。久しぶりに観るのが、ちょっと楽しみです。

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://momocafe524.blog.fc2.com/tb.php/715-b248b167
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。