-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-05-16 01:14 | カテゴリ:Touring
走りたい時の道!


 天気が良くて予定のない日曜日の午後。自転車に乗りたいのですが、ここ数日、古傷の膝の具合が今ひとつです。
 ウーノやビート、B4ではよく走ったけど、ムルティプラの時にはあまり行かなくなった道があります。夏タイヤとなったルーテシアなら楽しいだろうと、クルマを当別方面に向けました。ただ、この道、前にのんびりな方や混んでいると、もうごめんなさいな所ですので、貸切を願って走ります。

 当別駅付近はもう、すっかり変っており、昔の面影はほとんどないです。裏の方は昔のまんまですけど。そういえば、今はないですがパンケチュウベシナイ川の所に「北の開運堂 占いサービス食堂」って店があったのご存知ですか?若い頃から気になってましたが、なかなか入る事ができず、今では取り壊されてしまいました。本当に痛恨の極みとはこの事。皆様の中に、行った事がある、占ってもらった!という方がいましたら、どうぞコメントでお店情報を教えてください。よろしくお願いします。

 で、学園都市線を越えて、材木川のあたりで右折。ゴルフ場の「クラブシェークスピア」に向かう道、ここはヘアピンが二つあり、そのまま登っていくコース。よくオートバイや自転車の方々も楽しむコースなんで、安全に注意しながら、ルーテシアをシフトダウンさせながら、駆け上がって行きます。幸い、前にクルマはいないので、貸切です。そこから、ゴルフ場を抜け、道を下りながら、貯水池、墓地のあたりを一気におりて道道にぶつかります。ひそかにこの道を“STAGE1”と呼んでおります。

 しかし、今更ながら、ルーテシアのどこからでも加速体制に入るトルクの厚いエンジンと、どのコーナーでもグイグイ曲がっていく足回りには本当に感服します。ドライバーは気持ちよく走っていますが、もう完全にクルマにノセられている状態です。



 道道を更に右折し、自称“STAGE2”となります。五の沢から、正利冠(読めます?マサリカップといいます。アイヌ語で「木の皮が置いてある所・海岸の深い崖」の意)を抜け、望来に出る道です。まずは、ワインディングに入る前の、移動区間(リエゾン)です。ここに「五の沢小学校」という小さな木造平屋の小学校があり、以前から廃校で別の施設として再利用されておりました。しかし…。


 校門の一部と、開校65周年の記念碑を残し、味わい深い木造の校舎や、校庭の遊具は跡形もなく消えておりました…。
 
 見えますか?ここに学校があったのですよ…。


 ちょっと感傷的になりましたが、“STAGE2”です。まずは登りのワインディングが続きます。適度に中速コーナが続きます。途中砂利採掘場もあるので、コースが若干滑りやすい時もあるので要注意。
 ここで登りのブラインドコーナーを抜けた瞬間、目の前にパァァァァっとパノラマのような風景が広がります。この光景が好きです。もっとも調子に乗って、このコーナーからコースアウトすると崖下に転落しますので、あまり景色にばかり目を奪われるわけにはいきません。

 ここから、下りに入り、ヘアピンが続きます。ヘアピンを抜けると、このコースのクライマックス。再び登ると、早朝ならば右手の斜面に馬の放牧をしております。


 “STAGE3”は、「みなくる」を左折し、登り道を駆け上がり、2つの巨大な風力発電の風車と、別荘群と海を見ながら、厚田方面を駆け抜けるコース。しかし、途中で、一台の黒いセルシオが私の前にコースイン。はい、そりゃあ、もう安全運転です。だって時速20km/hですから。ただアップダウン、ブラインドコーナーが続くので、あえて抜くのは、ためらわれます。
 まぁ、のんびり景色を見ながら走りましょう。そのうち、白黒ツートンのクルマがうろうろしてきますしね。

 厚田のコンビニで缶コーヒーを買って、引き返します。STAGE1の入り口(出口?)のパーキングで、コーヒーを飲んでいると、年配のおじさんに声をかけられました。

「これ、外車かい?」

 どうやら、クルマ好きなおじさんのようで、この間、支笏湖でスーパーセブンを見た話をしてました。

 ルーテシアの馬力や排気量、ブレーキなどをいろいろ質問されてました。で、おじさんはルーテシアの写真を撮って帰っていきました。

おいしいもの


 先日、“おかずさん”が「美味しい」と言っていた、たいやき屋さん「田中屋」(千歳市住吉1丁目12-4-1)に行ってきました。道の駅「サーモンパーク」の近くです。何だか最近、恵庭・千歳方面への出撃が増えております。


 これがそのたい焼きです。見た目からわかるように、見事にウロコやヒレのモールドがカチッとしてます。表面はパリパリ、中はふっくらのたい焼きです。私は“小倉あん”と“黒ごまあん”、“ねえさん”は“小倉あん”と“さくらあん”。どれも美味しかったです。
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://momocafe524.blog.fc2.com/tb.php/705-8c99ad29
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。