-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-05-10 22:35 | カテゴリ:Touring
元気に悪者です。

 
 GWの壁塗りの原因を作ったうちの一匹です。壁が紙ではなく漆喰になったせいで、ガリガリと爪研ぎができなくなりました。仕方ないから、段ボールの爪研ぎで我慢しております。段ボールの爪研ぎはGW中に遊びに来た“天ぷらや”さんのお土産です。


えこりん村へGO!



 桜がちらほら咲き始めた北海道。でも天気が今ひとつです。そんな雨の合間をぬって、やってきたのは恵庭市にある『えこりん』。前回やってきたときには、何とアルパカの毛が見事に刈られておりまして、「君、だれ?」状態。やはり、もふもふの状態のアルパカが見たいという事でやってきました。


 アルパカのいる『銀河庭園』はゆっくり歩くととても面白い所です。ちょうど日差しが暖かくなり、ベンチに座り、流れる小川のせせらぎを聞くのは何とも心が癒されます。子どもの頃、こんな川でよく遊んだものです。
 この、川のほとりの木の上にはツリーハウスが置かれております。最近ツリーハウスに興味津々です。


 庭園内にはさまざまなモチーフの庭が用意されております。こんな隠れ家的なものもあります。この建物、もちろん中に入れます。




 こんなツリーハウスも。円筒状の建物は何だか“ムーミン”の家みたいです。


可愛い動物たち



 春ですので、村では新しい動物が産まれております。羊の赤ちゃんも何頭も産まれたようです。仔羊たちは、互いに身を寄せ合い、ピターっと寝ております。お互いの身体が枕のようです。羊同士なんで、暖かくて気持ちよさそう。


 ほら。えこりん村の羊はどんな夢を見ているのでしょうか?まさか、羊が一匹、羊が二匹、羊が三匹…。なんてね。 


 これは、アルパカではなく、ラマ。私はこのラマがけっこう好きです。でもこのラマ、何だかちょっとやる気を感じられませんね。


 いた、いた。昨年の夏は、毛を刈られガリガリなアルパカでしたが…。


 ごらんの通り、暖かそうで柔らかな毛で覆われてます。うーん、やはりこうでなくちゃ。


 相変わらず、園内で耳にするイメージソング『アルパカダンス』が耳から離れません。“アルパカアルパカアル、パカ”…。思わず、SHOPでCDを買ってしまいそうになるくらいの洗脳ソングです(笑)。

 
 14:00からは「アルパカ・マーチ」というイベント。おねえさんに先導され、アルパカが園内を歩くというもの。
 おねえさんからの注意としては(1)けっしてアルパカに触らないで!(2)アルパカの前で走らないで!(3)アルパカに合わせて一緒に歩いて来て!というもの。当初、アルパカがのんびり歩くのかと思いきや…。


 こいつら、結構速いんですよ!歩くの。だからアルパカのペースに合わせると、人間様は小走りになります。付いて歩いたちびっ子たちからは「アルパカ、速ぇえー!」の声。付いていくために走らなければなりません。でもおねえさんからは、「決して走るなー」との事前の注意が…(笑)。


 園内の駐車場では、シルバーのPEUGEOT1007がおりました。排気量は1.6リッターのヤツです。1007のシルバーって、結構素敵ですね。このクルマの左のリアタイヤのエアが思いっきり抜けてました。パンクかな~と要らぬ心配をしちゃいました。
 ちなみにこの日、園内でこのシルバーの1007を、帰り道、大曲付近でエーゲブルーの1007を、江別市内で、同じくエーゲブルーの1007、そして、自宅付近でブラックの1007を目撃。帰り道だけで4台の1007に遭遇って、ちょっと凄くないですか?!


 駐車場では、私のルーテシアのお隣に、鮮やかなイエローのホンダフィットが停まってました。黄色の二台が並ぶと、その部分がちょっとだけ華やかになります。街中でも、黄色のフィットってよく目につきます。小型車と黄色っていい組み合わせだと思います。


 えこりん村の帰り道、とある雑貨屋さんにぶらり立ち寄りました。そこの2階の窓からルーテシアを眺めて見ます。
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://momocafe524.blog.fc2.com/tb.php/699-56a4d0cf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。