-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-04-29 23:33 | カテゴリ:Etc
ルーテシアって?


 このブログの主力戦闘機のルーテシアRS。RSは「RENAULT SPORT」の略。フランス・ルノーの看板車ルーテシアを、フランス北部、ドーバー海峡に面した小さな港町ディエップの工場で特別に組まれたモデルです。
 このディエップの工場とは、往年のラリーの名車「アルピーヌA110」を生み出した、ご存知「ALPINE」の工場でもあります。

 ところで、日本ではこやつは「ルーテシア」と呼ばれていますが、フランスでは「クリオ(CLIO)」。1990年に登場した初代からこの3代目まで、日本では「ルーテシア」の名で輸入されております。これはご存知、当時ホンダのディラーに「ホンダクリオ」という名称が使われており、商標登録の関係上、「クリオ」が使えなかったようです。そこで、日本では「パリ」の旧名である「LUTETIA(ルテティア)」に由来し「LUTECIA」となったようです。

 さすがに3代20年近く名乗っていると、私はこの名前に違和感があまりなくなってきました。昔シトロエンに「サクソ」というコンパクトカーがありました。しかし、日本では商標登録の関係で「シャンソン」となったのには、苦笑でした。フィアットでも「ブラーヴォ」というクルマが、三菱の軽1BOX「ブラーボ」とかぶるため「ブラヴィッシモ」となり、何だかわからなくなったのも思い出しました。


 夏タイヤに換装してます。ホイールは「OZ ウルトラレッジェーラ」です。正直格好いいです(自画自賛w)。しかし、ルーテシアには社外品ではこれしか履けないといわれており、あまり選択の余地がなかったわけです。それはそうと、いつも自分で交換してますが、今回は油圧ジャッキが壊れており、天気も悪かったため、ずぼらにスタンドで交換してもらいました。しかし、作業受付が終了してから「すみませーん。外車なんで、割り増し料金となります。」とのこと。通常4本分の料金の所、約6本分を請求されました。俺のクルマは「タイレルP34か!」。

 実際、ナットかボルトかが違うだけで、スタンドでの作業は何も変りません。これだけ輸入車が普及してるのに、未だこんな前時代的な料金差別をしているんですね。ちなみにフォード・フォーカスとフォード・フェスティバ(懐かしい!)が同時に入ってきたら、共に割り増し料金なのでしょうか?初代ホンダアコードワゴン(USA HONDAからの逆輸入)は割り増し、2代目は通常料金となるのでしょうか?

 
 エヴォリューションモデルのようなRSですが、内装は実に普通です。とはいっても、小技はピリッと効いております。メーターまわりは通常モデルは、シルバートリムの黒の文字板というオーソドックスなデザインです。しかし、RSはご覧の通り、タコメーターが7500回転までイエローです。しかも瞬時の視認性を高めるために、数字が大きなものになっております。
 そしてスピードメーターは250km/hまで目盛られています。ちなみにタコメーターはシフトアップインジケーターが組み合わされており、レヴまで回すと、“ピピッ”と鳴り、ランプが点灯します。


 トランスミッションは6MT。どうしてもマニュアルのスポーツモデルに乗りたい、という選択肢からルーテシアとなった経緯がありますが、剛性感のあるシフトです。寒い時は少々、渋かったですが温まると問題はありません。以前乗っていたフィアットウーノターボは冬は最初、1速が入らなくて、2速に入れてから1速へ、というふうに使っていたのを思い出しました。
 最初試乗の時は、意外とクラッチ重いかも?と思いましたが今は、そんなことは微塵も感じなくなりました。

 
 足元のペダルはアルミ製です。フットレストがないのが残念ですが、ペダルがしっかりしているのはうれしいもの。ちなみによりスポーティな走りを念頭に、ノーマルのルーテシアとはペダルの取りつけ角度が異なるそうです。ペダルレイアウトにはプジョーほど違和感はありません。


 ノーマルのルーテシアはシルバーの化粧パネルが使われておりますが、RSガングレー。輝度が抑えられており、個人的には好みです。グローブボックスのパネルには「RENAULT SPORT」のロゴがさりげなく(しっかりと?)刻まれております。以前ルーテシアにあった「イニシャル・パリ」の内装はお洒落でしたよね。ウッドもさりげなくて。

 
 そして内装のハイライトは何といっても、シートでしょう。RSのシャシースポールには、社内製のバケットシートが装着されてますが、このシートがいいですよね。実は結構足の硬いRSもこのシートでずいぶん乗り心よく感じているのではないでしょうか。峠道のコーナリングでもしっかり身体をサポートしてくれますし。しかも、何とこのクルマのシートベルトの色は、シートの生地に合わせてシルバー!
 グレーと黒以外国産では見た事ないですよ。ちなみに、メガーヌRSはイエロー、トゥインゴRSはレッド!シートベルトをボディカラーとコーディネートとかできたら、格好いいですよね。是非オプションで選びたいものです。ものの本には、グレーとイエローのバケットにイエローのシートベルトのルーテシアRSもあるようです。そっちの方が、私好みです。


 前席のヘッドレストにも、しっかり「RENAULT SPORT」のロゴをアピール。乗ってしまえば見えないところですがね。
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://momocafe524.blog.fc2.com/tb.php/695-5e102517
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。