-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-03-17 21:54 | カテゴリ:Showroom
最速のRS!

 ルノー札幌から、「3月12日、メガーヌRSが来ますよ!」という案内をもらいました。その週末はいろいろ動いていたため、行けませんでした。ただ、ルーテシアRSの修理で14日にドック入りする予定だったので、まぁ、その時見れると思ってました。

 14日、ルノー札幌へ行くと、ショールームにはメガーヌの姿はなく、駐車場に置かれておりました。週末ショールームに入ったメガーヌは早速売約済みとなったそうです。内容を考えるとお買い得なクルマですが、それでも380万円なので、おいそれと買えませんが、それでもポンと売れるのが正直すごいなと思います。

 ショールーム内でメガーヌを見られた方の多くは、「けっこう大きいな。」だそうですが、私の印象は「思ったより小ぶりだな」でした。

 ルーテシアRSは何故だか、後席は2名定員の4人乗り。しかし、それより狭い後席のメガーヌは5人乗り。ルーテシアの通常版は後席にヘッドレストが3つ、3点式シートベルトも備わっていますが、RSはなぜか真ん中のヘッドレスト、シートベルトが省略されております。うーん、あなどれませんね、メガーヌは。

 オプションの19インチのアルミと、真っ赤なブレンボがやる気を感じさせます。19インチ化は思ったより、乗り心地を犠牲にした物ではないそうです。

 展示車だったこの個体は、その関係上納車準備に入る前なら他のお客様に公開してもよい、というオーナーさんの許可があったそうです。メガーヌRSはシャシーカップという仕様なので、レカロのバケットシートがドーンと目に入ります。ルーテシアのシートもスポーツシートですが、こちらの方が、固目です。
 左ハンドル6MTという現地使用なのも、ルノーはオーナーの心理をよくわかってなぁと思うところ。路上で走る姿を楽しみにしております。


仏蘭西の家族車!


 そして、もうひとつのメガーヌ。ルーテシアの修理中のアシとして、私のもとにやってきたメガーヌです。正直、日産系のディラーのため、マーチやノートあたりが代車にくるのかと思ったら、こいつです。

 メガーヌはメガーヌでも、こちらは「メガーヌセニック」。1996年に登場して、たちまちフランスで大ヒットしたモノスペースミニバンです。

 初代メガーヌの派生車種です。ムルティプラもこのセニックをライバルとしております。

 乗ると、ダブルサンルーフ付きのせいか明るい車内で、着座位置はかなり高めです。インパネは基本メガーヌですが、着座位置が高いせいで、どうもスイッチ関係の位置のつじつまがあってないです。しかし、乗ってまず驚いたのは、シートのできの良さ。特別スポーティではありませんが、ふんわりと身体全体を包み込むようで非常に気持ちよいシートです。ですから乗り心地もふんわり柔らかです。かといって、日本車のような軟弱さは微塵もありません。

 後席の広さも特筆ものです。しかもピクニックテーブル付きです。後席のウインドウにはシェードも装備してます。もう至れり尽くせり。娘は「このクルマいいね、ルーテシアとばくったら(※注:北海道弁で交換したらの意味)?」といいます。セニックが良くてもそれは勘弁してもらいたいです。

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://momocafe524.blog.fc2.com/tb.php/689-98c63ae3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。