-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-01-16 23:37 | カテゴリ:Accident
拷問サンデー!

 「お前、また雪ネタかい?」という声が聞えてきそうです。最近口を開けば雪の話ばっかり。で、今日も雪かきましたよ。でも除雪機のガソリンがなくなっていたので、何とかエコしながらの除雪です。機械と人間のハイブリッドで頑張りました。

 今日は夕方からプジョー札幌南へ行く予定です。約束の時間よりも少し早めに出発したのですが…。出発5分後、今季初スタック。でもこれは罠にはまった感じ。だって、近所の道路は2m以上の雪の壁が出来ているので道路に出る際は必ず、しっかり止まって確認しないと危険です。しかし、その時道路の手前が凸凹で、左のフロントの所がちょうど大きな窪みが出来ていました。停止の都合、位置的にいうと、どうしてもそこに左フロントタイヤが落ちます。
すると、ただのFFの1007はもう、THE END…。二度と発進出来ません。

 通りがかったフィットのおばちゃんが「大丈夫ですか?」と親切に声をかけてくれます。でも、きっとそのいおばちゃんじゃ、どうにもできないだろうと考え「大丈夫じゃないですが、何とかします。ありがとうございます。」と返事をして行ってもらいました。…しばらくすると、待ってました。来ました来ました。ブルドーザーです。近所の建設会社の車両です。「引っ張るよ!」とありがたい言葉。さっそく1007のリアバンパーにフックを取り付けて、重機でガガガガガガガガガガガッと引っ張ってもらうとすんなり脱出。運転手さんに丁重にお礼をいい、プジョーへ。

 しかし、現在江別市内は雪で車線がふさがりほとんどの道で走行に困難な状況が生じております。結局国道275号線がまともに機能していたのですが、そこに出るまでが大変タイヘン。

 早めに出発したはずが、結局の約束時間ぴったりになってしまいました。今日は何かというと、前回1007のミッションの不具合が出た際、プログラム初期化で対応してもらいました。その後不具合が生じてはいませんが、念のため検査入院をして様子を診るといった感じ。メカニックのIさんから「車検も近いので、このまま車検をとったらどうですか?」とのオファー。とりあえずまだ考えがあるのでとりあえず検査のみということで…。

 で、帰りのアシは『赤い彗星』ことPEUGEOT207 Style。基本構成は1.4の1007と大差なさそうです。インテリアを見ても毎日見ている同じパーツが鎮座しています。

 でも、走らせると全然違うんですよね。1007のどこかチグハグなところがなく、ドドーンと安定しています。ホイールベースの問題でしょうか。座った時、あきらかに着座位置が1007より低く、そしてサイズ的にゆとりを感じます。お買い得グレードのStyleですが、いつも感心するのは、この素のグレードがすばらしいということ。ってことはGTとかなら涙(ヨダレ?)が出るのか?日本車だとこのクラスの素のグレードだと営業車ですよね。なのにこの完成度は一体何?って感じです。もっともフランス人は経済的(ケチ)なんできっと上級グレードなどそうそう買わず、主力の購買ゾーンがこの素のグレードなんでしょうね。だから、このグレードが駄目なら車が売れないということなんでしょうね。モデル末期で一番熟成がすすんでいる207、これいいなぁ。

 帰りの荒れた路面もなんのその。207はスイスイ走ります。途中除雪機用のガソリンを購入、そしてホームセンターで猫の餌をなどを買い帰宅。荷物もしっかり積んでくれます。

 やはり4m前後のサイズっていいものです。ゆとりを感じますね。でも大きすぎない。そう考えると、ムルティプラって相当凄いのがわかります。だって全長、この207より短いのですから。しかもあの室内空間の広さ。やはりそうそう手放せない気がしてきます。また家族が増えたら、冬眠から目覚めさせようかなと思いました。

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://momocafe524.blog.fc2.com/tb.php/663-08f4dc3d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。