-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-06-25 18:55 | カテゴリ:Etc
突然の訃報…

 先日のニュース報道で、トヨタ自動車のチーフテストドライバーの成瀬弘氏がドイツ、ニュルブルクリンク郊外で67歳の生涯を遂げたたことを知りました。

 事故の詳細は不明ですが、成瀬さんは「レクサスLFA」の公道テスト中に、同じくテスト中であったBMW3シリーズと、ほぼ正面衝突をしたようだ。成瀬さんは病院へ搬送されたが死亡、BMWのテストドライバー2名は重傷。

 
 成瀬さんといえば、300人のトヨタの開発ドライバーの中で選りすぐられた8人の「トップガン」の一人。人は敬意を込めて彼を「マイスター」と呼んでいる特別場存在。47年間に渡ってトヨタのスポーツカー開発に携わってきた人物でもあります。まだまだ逆風のトヨタとしても、彼の力が必要だったでしょう。このような形で日本にとっても必要なカーガイがこの世から去るのは日本の自動車界の大きな損失だと思います。哀悼の意を表します。


無知な記事・無知な人達…


 成瀬氏の死のインターネット記事のコメントを見て、いつもの事ながらうんざりしてます。もっとも、この事故記事を書いている記者も正しい知識の認識があったかも甚だ疑問なのですが。

 まずは、氏の訃報に冥福を祈りますという通常のコメントがある中で、「テストドライバーなのに事故って格好悪い」「マイスターというドライバーでも事故る車なら、買った一般人は皆、死ぬ」という「テストドライバー=絶対に事故らない」という読者の声。テストがいかに危険かという認識が皆無のようだ。F1ドライバーも本戦よりもテストや練習中の事故死が多いのです。
 さらに記事でも強調されておりますか「公道」でのテストということに反応する読者。「公道でテストをするなんて非常識!」「トヨタは公道でテストをする、とんでもない会社」…ここニュルブルクリンクがどんな場所なのか、書いた記者も読んでいる読者もわかっていないようだ。
 
 さらに事故の詳細が不明にも関わらず「トヨタとBMWがぶつかって、トヨタは死んだ。これでトヨタの車の危険性が証明された!」「BMWの方がトヨタより安全!」という読者。同じ条件でぶつかることはそうそうないだろう。状況・ドライバーの技量、さまざまな要因が絡み合って結果となるのだ。しかし、コメントする人は結果しか見ないで、物事を断定するようだ。正直、空恐ろしい気がしてくる。

  この辺りは、車の知識がない人(記者)が、無知ゆえに書いたコメントかもしれません。しかし、さらに読むと、人としていかがなものか?と疑問を呈したくなるコメントがワンサカである。そもそもトヨタのアンチもしくはトヨタにに恨みを持つ元派遣労働者が書き込みをしているのか、成瀬氏の尊厳を犯しているものも多数あり、不快な事きわまりありません。

「この人、トヨタのスポーツカーの味付けを担当したっていうけど、トヨタの車は無味無臭。っていうことは、仕事してないじゃん。」

一体コメントの主はトヨタのどんなスポーツカーに乗ったことがあるのでしょうか?というか「グランツーリスモ」しかやったことなかったりして…。私もどちらかというとアンチトヨタですが、トヨタにもいい車は確かに存在します。雑誌の評論家がトヨタは80点主義などというと、知識だけで頭でっかちの人は自分で判断することもなく、人の受け売りで人を非難するようです。

 市販車ではトヨタスポーツ800、トヨタ1600GT、そしてトヨタ2000GT、最近ではMRシリーズ、AE86やスープラ、アルテッツァ、そして最後の遺作となってしまった「レクサスLFA」…。「テストドライバーなんだから、車で死ねて本望だろ!」ともコメントが多くされておりました。こういうコメントは悔やんでも悔やみ切れない遺族などが、自分らを納得させるために言うコメントであり、赤の他人が言っていいものでもない気がします。

 巨人の木村コーチが練習中に意識不明にそして亡くなった出来事がありましたが、絶対本人は本望だとは思ってないでしょう。だってまだまだやりたい事が一杯あるはずですから。皆さんも仕事をして職場で死んだら本望でしょうか?

私は嫌ですね。
 
 「こいつが作った車のせいで今まで死んだ人間の怨念だ!」というオカルトなコメントもあります。この辺になると、人が亡くなった記事のコメントではありませんよね。もっともこのコメントを書いた人の身内で、トヨタのスポーツカーで事故死をしているのかもしれません。それにしても、世の中に完全な車はありえないでしょうし、あくまでも車はドライバーが制御するものです。車をコントロールする技量がないのであれば、それに見合った運転をするしかないわけですし、腕に見合った車種を選択すべきでしょう。

「トヨタは300km/hでぶつかっても死なない車でも造っていろ!」というコメントも。一体どんな車になるんでしょう。装甲車でしょうか?そんな車には乗りたくないです。





 成瀬さんが生前心血を注いぎ、最期の瞬間までそのステアリングを握っていた「LFA」。この事故のせいで世の中の人に欠陥車扱いをされることは、氏の本望ではないはずです。
 マスコミも不勉強な記事を書いたせいで世間に「公道でテストと称して暴走したあげく、事故死したテストドライバー」という捉え方をされかねません。そこのところが氏の名誉のためにもこだわって欲しいのです。
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://momocafe524.blog.fc2.com/tb.php/538-f090a803
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。