-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-05-08 16:16 | カテゴリ:Bicycle
2010 Hokkaido Sports Cycle Festibal


道内随一の自転車試乗イベントである『北海道スポーツサイクルフェスティバル』。今年はその会場を丘珠空港隣にある『つどーむ』の屋外特設会場での開催となります。昨年はこの試乗会に参加したその足で、自転車屋さんへ行き、ビアンキのローマ2を購入しました。


 今回は職場の自転車好きの先輩2人で試乗会へ行きました。もちろん自転車で会場まで行きましたが、この日はあいにく小雨がぱらつきます。


 昨年は、天気も良かったせいか混みあっておりましたが、今年は天気のせいでしょうか、それほど人出は多くありません。それでも自転車好きの方々が次々と試乗を行っています。


 昨年は「試乗したういのですが…」「はい、どーぞ!」的な雰囲気でした。あれ?名前とか聞かないの?何ともあっさりと、高級ロードバイクを貸してくれてました。「そのまま乗り逃げする人いるんじゃない?」といらぬ心配をしたくらいです。「自転車好きに悪人はいない」という趣旨なのでしょうか。
 しかし、今年は安心ください(!?)
だいたいのブースで試乗の際、名前を記入してから試乗となりました。ピナレロなどは身分証明書の提示が必要だったりします。


 試乗の際にはヘルメットの着用をが必要な所が多かったです。だいたいここに来ている人のほとんどが自転車なので、多くの人が着用しております。もし、ない場合でもヘルメットも貸してくれるので安心して試乗できます。


 試乗車の中心はロードバイク。しかも金額的な部分では「えー!」というものが多数です。
 これから自転車生活を始めたい…という人には手が出ないものが多かった気がします。できれば10万円前後のモデルもあると試乗に現実味があるのですがね。


 それでもアルミのロードバイクとカーボンの違いを乗り比べられたりと、試乗会ならではの楽しみもあります。


 試乗コースもウェット路面。ロードバイクで走ると、あっという間に水しぶきでずぶ濡れになります。それでも皆さん、そんなことは気にせず各モデルの試乗を楽しんでいます。


 いつもはクロスバイクに乗っているわけですが、こうやって本気のロードバイクに乗せてもらうとその違いは歴然です。強いて言えば、ロードバイクは車で言うとインプレッサのSTIだったり、ホンダのType-Rシリーズだったり、ランサーのエボリューションだったり。
 でクロスバイクはスポーツグレードのレガシィだったり、ギャランだったり、アコードだったり。


 今日の試乗車の中で、私が一番乗り逃げしたかったのはこちら!『COLNAGO CX-1 Super Record』なんといっても「ひまわり」のグラフィックのフレーム。何でイタリアンな自転車はこんなにも格好いいんでしょう。


 雨ですっかり身体が冷えたので、『つどーむ』で開催されている中古車市をぶらぶらのぞいてました。それでも雨がやむ気配がないため、そのまま帰ることに。天気が良ければ、三人で少し足を伸ばしてもいいかなと思っていましたが断念です。途中で一人の先輩と別れ、もう一人の先輩と身体を温めるためラーメン屋さんへ。
『極味』というお店の『激辛ラーメン』を注文。寒いので唐辛子で身体を保温する作戦です。ただ、私は体質的にラーメンを食べるとお腹をこわします。当然本日もそうでした。その事判っていながらも暖かいラーメンが食べたくなったわけです。


 家に到着し、まずは雨で濡れて汚れたローマ2を拭き、それからシャワーに入り身体を温めました。本日の走行距離は往復で「35.24km」。写真は勘違いで距離を撮ろうとして時計をとっちゃいました(笑)。

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://momocafe524.blog.fc2.com/tb.php/518-4d2e5785
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。