-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-04-24 23:28 | カテゴリ:Repair
とうとうですよ!


 何だか最近は「猫ブログ」になってましたが、本来はうちは「車ブログ」です。今回は本来の姿に戻って更新します。今日はJRに乗って娘と「プジョー札幌南」へ。そういえばこの看板も近々変わるのかというと、今の所まだ未定だそうです。この看板や店の改装はやはり、大きな出費を伴うようでして、しかもそれが各ディラーの自己負担だそうですので、もしかしたらしばらくこのままかもしれません。
日本ではやはりブルー地に銀のライオンというこのロゴが印象深いですよね。


 今日は3月7日に大破した1007の修理が完了したという連絡を受けて引き取りに来たということです。


 相変わらず明るい店内です。大抵何組か若い夫婦や家族が来店しております。そして、けっこう年配の御夫婦もちらほら。


 ショールームにこんな『CC』がおいてあると華やぎますよね。以前来た時には白い『308CC』でしたが、今日は白い『207CC』です。店内のフリードリンクを飲みながら待っていると、1007が店頭にやってきました。


 「わー、なつかしい!」っていう感じです。そうそう、スライドドアだったし。ちなみに横には、シトロエンのC3とC4が並んで停まってました。本当は写真を撮りたかったのですが、オーナーさんが近くにいそうでやめました(小心者です)。
営業のOさんは「もし、1007がだめだったら、シトロエンのDSおすすめしてましたよ。あれ、本当にいいですよ!」とセールストーク。「え、DS!?」と素早く反応したのはうちの娘。彼女の頭には当然シトロエン製ではなく任天堂製のDSが浮かんでいる事でしょう、ゲーマーですから。


 ちなみにそもそも、3月7日の午後にディラーの工場に予約を入れておりました。何かと言うと以前24ヶ月点検でガスケットからのオイル漏れが発見されたためです。これは保証期間という事でガスケットを無償交換するはずでした。それがあの事故で、違った形の入院となってしまったわけです。それにしてもエンジン本体への大きなダメージがなかったのも不幸中の幸いでした。


 エンジンルームを見ると、事故の傷跡を見ることが出来ます。まず左側と右側を比較して見ましょう。


 おわかりでしょね。事故のあった左側部分のルーム内の塗装がされておりません。白いままです。一応ブルーのスプレーを申し訳程度に吹いてますが。一方オリジナルの右はしっかり塗装がなされてます。まぁあまり下取りとかは考えておりませんからいいんでが。


 それにしてもエンジンルーム内にもあちこちライオンマークがあります。エンジン事態は何の変哲もないデザインっていうかどちらかとあっさりしてます。しかも1.4のためか、衝突安全性のためか、エンジンルームは、結構スカスカですよね。昔のウーノターボは無理矢理ターボにしたためか結構詰まってましたから。


 乗ると遅いですが(笑)、相変わらず椅子がいいです。何か、ムルティプラの数段立派な車に乗ってる感じです。これなら日本車のミドルサイズのセダンとかいらないと思える乗り心地です。帰り道結構安全運転でした。だって、直った帰り道事故ったらさすがに馬鹿ですもん。


携帯変えました



 Docomoの「SO905iCS」を使ってましたが、2年も使うとバッテリーも消耗し、キーもいくつか死んでボタンが上手く打てないものもあります。また外装がもうボロボロです。ですから、これを機に携帯を「Sony Ericsson」の『Xperia(SO-01B)』に機種変更しました。通算10台目、「SO」は「SO503」から連続して使ってますので7代目となります。


 とはいえ今回はスマートフォンとなりますので、今までのとはかなり違ってます。ようやく馴れましたがまだまだ使ってみると色々な発見がありそうです。心配な点はやはり、バッテリー。あっちゅう間にみるみる減っていきます。燃費が悪そうです。ですから充電器も常に携帯しなければならないようですね。


スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://momocafe524.blog.fc2.com/tb.php/508-91cde483
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。