-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-03-17 22:19 | カテゴリ:Etc
 日本車はだいたい2年でマイナーチェンジ、そして4年でフルモデルチェンジというサイクルだと思います。そんな中、4年どころかモデルチェンジスパンが10年という車もあります。スズキのジムニーもそんなモデルの一つです。ジムニーはコンセプト自体が唯我独尊な車なのでモデルチェンジなしでもいいとして、激戦区のコンパクトカーで10年間モデルチェンジなしで生き残るのは並大抵の事ではないはず。今回はそんな日産の世界戦略車マーチについてです。

K10型


 初代マーチは1982~1992年の10年間の生産です。確か『マーチ』という名前は、一般公募だったはず。で、発売当初のイメージキャラクターは、当時大人気だったアイドル“マッチ”こと近藤真彦でした。「マッチのマーチはあなたの街にマッチする!」が確かキャッチフレーズでした。この辺りからちょっとイロモノな感じがしないわけではありませんが、車は大真面目でした。当初、フィアットウーノとも良く似たスタイリングからジウジアーロが関与しているとの噂もありました。
 今となれば、マーチは女性的なイメージがありますが、一般的なモデルの他にも、しっかりモータースポーツベースモデルも設定されております。


 『マーチR』はラリーのベースマシンとして愛用されたようですし、『R』をベースに、ターボチャージャーとスーパーチャージャーで武装した『スーパーターボ』も印象深いです。


 そういえば、このスーパーターボも含めて、最近路上でK10型のマーチを見かけることもなくなりました。ベーシックカーだけに、現存している数は相当少なさそうですよね。派生車種にはあの『Be-1』や『Pao』『フィガロ』など一連のパイクカーなんかがありました。


K11型



 2代目マーチは1992~2002年の10年間生産されたモデル。一見“ムーミン”のようにも見えますが、当時「901運動」で盛り上がる日産車の一員で、大真面目に日欧コンパクトカー部門でトップをとってやろうという意欲作でもあります。


 初代と違い、スポーツモデルの設定が最後までされませんでした。その代わりかどうかわかりませんが、ワゴン版の『マーチBOX』やオープンモデルの『マーチカブリオレ』、レトロ調の『マーチ ボレロ』などが追加されました。


 派生車種として、トールワゴン風の『初代キューブ』も登場しております。


K12型



 3代目は2002年~現在まで生産されております。新型が先日発表されましたからモデル末期です。個人的には歴代で一番好きなマーチです。このモデルの特徴は、ルノーと共同開発した「Bプラットフォーム」の採用です。このシャシーを使用しているルノーはというと、3代目クリオ(現行)やモデユスというルノーの基幹車種です。マーチのデザインは8年目を経過していますが、全く古さを感じさせません。登場時高い位置に置かれたヘッドライトに賛否両論もあったでしょうが、他の何にも似ていないデザインとなったのではしょうか。このモチーフはこの後は発売予定の『ジューク』にも受け継がれています。(余談ですが『ジューク』という名称h、マーチの特別仕様車に付けられたネーミングでした。)


 後姿は、今見ると、フィアットの新チンクに見えなくもないですが、もちろんマーチ(K12)の方が世に出たのは先です。


 ルノーとのプラットフォーム共用は、コストダウンに大きな効果があったようで、内装も従来のマーチよりも凝ったものとなっています。



 モデル後期には、『マーチC+C』も追加されました。これ格好いいですよね。たまーに、街中で見かけます。そういえば欧州車では“CC”は一般的になってきてますが、日本ではあまり普及していませんよね。日本ではまだまだオープンカーが特殊な車という風に見られてるんでしょうね



K13?型



 4代目マーチが先日発表されました。今回の目玉はタイの工場で生産され、世界各地にデリバリーされるところでしょうか。これにより更なるコストダウンがなされるようです。
 スタイリングはマーチらしいデザインと言えそうですが、現行のK12と比べると何だか普通というか凡庸というか、10年保たなさそうな感じです。


 この辺りは成功作の2代目キューブから3代目へとチェンジしたキューブにも言えそな事です。パッと見、「新型のヴィッツ?」と勘違いしそうです。現車を見たら、また印象が変わるのでしょうか?


 マーチは歴代、世界で戦う車として、開発も常に本気です。コンパクトカーですが1つのモデルを10年作り続けるため、相当開発コストがかかっているのではないでしょうか。世の中には安い車を作れ!という風潮があります。しかし、長く愛せるいいものを是非作ってもらいたいですね




スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://momocafe524.blog.fc2.com/tb.php/489-33cf2c23
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。