-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-01-31 20:15 | カテゴリ:SPORT
ロングホイールベースがキーワード!?


 この1月末から2月上旬にかけて、2010年のF1GP参戦の新型車のお披露目ラッシュとなります。以前は派手にドーンと発表していました、最近は経費削減のため、インターネット上で新車発表をするチームも現れました。
 まずは昨年度のチャンピオンマシン『ブラウンGP』改め『メルセデスGP』。今年はミハイル・シューマッハの復帰で、やはり注目の存在でしょうか。昨年のホワイトを基調でイエローのラインがあったカラーリングから、一新。メルセデスの伝統的なイメージカラーであるシルバーを纏った“シルバーアロウ”です。写真はカラーリングイメージのCG。実車は2月に発表です。



 こちらは、すでに発表済みの『フェラーリ F10』。2010年仕様ということでF10です。昨年のマシン『F60』で苦戦したフェラーリは、シーズン中からこのF10の開発に重点を置いてきました。今年は、シューマッハを倒した事もあるアロンゾを満を持して起用。アロンゾもフェラーリでF1のキャリアを終えたい!と気合十分。


 そしてもうひとつの“シルバーアロウ”の『マクラーレンMP4-25』。フェラーリ同様、作シーズンはよもやの失速。後半何とか息を吹き返したかに見えたが時すでに遅し。王者ハミルトンを持ってしても中盤以降に沈みました。当然今年は、気合の入ったニューマシンとなる事でしょう。しかも、ブラウンからワールドチャンピオンのジェンソン・バトンが電撃移籍。注目のチームなのは間違いありません。ただ心配はやはり、ハミルトンvsバトンの対立の可能性。そこも注目かもしれません。
 
 ところで、この『MP4-25』を見ると、昨年のマシンと大きな変化があることに気がつくでしょう。昨年の『MP4-24』と比べたら一目瞭然。ホイールベースが妙に長くなっています。リアタイヤ半個分伸びてますよね。これはおそらく今年の「燃料給油禁止」のレギュレーションに対応したためなんでしょう。昨年のマシンより多量の燃料を積載するためタンクを大きくした結果のようです。さらに燃料で重たくなると、タイヤへの負担が大きくなるため、ロングホイールベース化を図り、負担軽減も狙っているのでしょうかね。

  斬新なマクラーレンに対して、比較的にオーソドックスなフェラーリですが、マクラーレン同様ノーズが更に持ち上げられています。フロントノーズの形状も更に複雑なものになっております。この辺りが2010年のトレンドなのでしょうか。



 その傾向はまだ未発表の『ウィリアムズFW32』からも見ることができます。2010年、ドライバーを一新したウィリアムズですが、どことなくレッドブルのようにも見えなくもないデザイン。今年こそ名門復活の狼煙をあげてもらいたいですね。


 昨年末から何かとゴタついたルノーのニューマシン『R30』ではないかと言われる写真です。これが本当なら懐かしいルノーカラーの復活ですね。クビサもいいドライバーですので、是非表彰台の真ん中を期待しています。本当はクビサの相棒に佐藤琢磨を!と思ってまりますが、どうやらヴィタリー・ペトロフが確定したようです。のこりはUSF1とカンポスですが、本当にこれらのチームは2010年開幕戦に間に合うのかいといった状況。今年も琢磨復帰は厳しいみたいですね。ただ逆に捨てファンGPが参戦できれば、いきなりドライバーに浮上するのは中嶋一貴。ステファンGPは開発中だったトヨタの2010年マシンを継承することが決定。そうなるとトヨタの一押しで一貴にチャンスがまわってくるという話さてどうなるでしょうか。


今日誕生日です!



 今日1月31日は、娘の9回目の誕生日です。子供は誕生日って本当に楽しみにしていますよね。大人になるとけっこうどうでもいい日になるんですけどね。とりあえずここまで大きな病気も怪我もして来なかった事に感謝。HAPPY BIRTHDAY!!


スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://momocafe524.blog.fc2.com/tb.php/464-d9f6abef
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。