-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-01-10 22:57 | カテゴリ:Tour
冬の動物を見よう!


 大本命のペンギンの散歩を見た後、次はどこへ行こうか。『ほっきょくぐま館』と『あざらし館』の空いている方に行きましょうか。ちょうど、ほっきょくぐま館では「もぐもぐタイム」(餌をあげ、飼育員が解説いれます。)が始まります。ってことは、あざらし館は空いているだろう、じゃ行きますか。


 案の定、ほっきょくぐま館は行列ですが、あざらし館は空いております。真ん中のパイプをあざらしが通るのが、ここのポイント。
 いつもならパイプの周りは人だかりですが、ゆっくりカメラを構えられます。


 ペンギン同様、あざらしも寒い地域の動物ですので、小雪がちらつく中でも涼しい顔して泳いでいます。


 ほっきょくぐまをゆったり見るための時間調整が必要ですので、お次は冬ならでは動物を見に行きましょう。まずはその前にこいつです。


 レッサーパンダです。檻の上から、木の上に作られた通路を自在に歩きます。丁度お客さんの頭の上を通過する感じです。しかも、客慣れしているのか、カメラを構えると、きちんと静止して撮影のタイミングを作ってくれます。


 きれいですよね、ホッキョクギツネ。夏行くとグレーっぽい、茶色っぽい色してていて、グターっと寝ています。そうすると岩と同化して見ていても「どこ!」といいたくなるような動物です。結構スルーされがちなヤツです。しかし、冬になると真っ白に毛が生え変わります。


 すると今度は雪と同化してしまいます。今回のパンフレットの表紙もこのホッキョクギツネが飾っています。夏は地味でも、冬になると注目される存在…一昔前の広瀬香美のような動物でしょうか。


 今年の干支です。寒い中も孤高に悠然と歩き回っています。何だか「ワシ、今年の主役じゃけん!」という風格すら漂ってきてます。


 この風格、うちの球団にも欲しいんですがね。今年は寅年、是非札幌ドームで、阪神-日ハムの日本シリーズが見たいものです。


 一方、こちらの「百獣の王」はどこか寂しそう。降りしきる雪の上でじーっと動きません。「俺、アフリカ育ちだから、寒いの苦手なんだよね…。」とでも言いたそう。雪の中のライオン、たてがみも凍る光景、なかなか見られませんよ。


 さて、問題です。この写真はトラ・ライオンのいる『もうじゅう館』で撮ったものですが、これは一体何でしょう!ちなみにお客さんの頭上にいました。背の高い人なら、手を伸ばせば、触れるかもしれません(※大変危険ですので絶対にやめましょう!)正解は次回で!
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://momocafe524.blog.fc2.com/tb.php/453-186c997d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。