-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-06-30 23:39 | カテゴリ:Etc
ガレージ床のシミ


 ビートをガレージから動かすと…。大量ではありませんが、床にシミが出来ています。床の液体はエンジンオイルではありませんので、そうなるとクーラントかブレーキフールドの可能性が濃厚です。


 ビートのボンネットはこんな風に開きます。前ヒンジって格好いいので好きですね。たまに、スタンドでお姉さんが、「エンジンルーム点検しまーす、ボンネット開けてください!」と言われるとついつい開けてしまいます。ご覧の通りそこにはエンジンはありません。一応フロントはトランクになるはずですが、中央にはテンパータイヤが鎮座しております。以前、友人2名で他の友人の結婚式へ出席するため、数百キロ離れた場所へ日帰りしたことがあります。このスペースに2名分の礼服と革靴が収納できました。


 ジャッキアップしてみました。特段、下から漏っているような形跡は見受けられません。ミッドシップの難点としては、普段エンジン本体を見るのが難しいという事でしょう。行き場所がなかったバッテリーは細長いトランクの右側に無理無理設置されております。そのため、ただでさえ狭いトランクがさらに狭くなります。

 ガレージ床の液体…おそらくブレーキフールドの可能性大です。ホースの劣化か継ぎ目のあたりからの漏れでしょうか。一応規定量入ってますので、様子見というところでしょうか。


 洗車しました…とはいえ、塗装状態は最悪です。ボンネントカウルは跳ね石で傷だらけ、リアのエンジンフードは塗装のクリア層が飛んでしまっています。ドアやサイドシルにも錆が浮いております。


 リアからのビートの眺め。デザイン上では、エスシリーズを彷彿させるテールランプ。


 洗車後、自転車で近所を流します。すると住宅地に標識が建っています。以前ブログで紹介しました、太平洋戦争時の木製戦闘機が発着した飛行場跡地です。以前は飛行場であった痕跡として滑走路などが確認できましたが、今はもうその面影すら見る事はありません。
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://momocafe524.blog.fc2.com/tb.php/366-96c9bec7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。