-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-06-02 20:19 | カテゴリ:Etc
ハマーの売却先は?


 GMの破綻を受けて、採算のとれそうな部門は売却されるそうです。例えば、SUVのハマーシリーズもその一つ。
ご存知の通り、ハマーシリーズはもともと軍用のハンヴィーの民生仕様としてデビューしました。

H1


H1はハンヴィーの基本構成部品を共有化した民生仕様。2006年、原油価格高騰のあおりを受け、リッター走行距離わずか4km前後のH1は深刻な販売不振となり生産終了と発表されたそうです。


H2


H2はシボレー・タホをベースにH1の雰囲気を残したフルサイズSUVモデル。日本でも芸能人やスポーツ選手が御用達。

H3


H3シボレー・コロラドのシャーシをベースにH2をさらに小型化したモデル。小型化したといっても日本ではランドクルーザークラス…ということはでかいということです。


 こちらは、我が日本のトヨタのメガクルーザーです。さすがトヨタ、ハマーのパクリも忘れてはいません。



 これらの車の前では、我がムルティプラもけっこう普通の車に見えるから不思議です。

 …でなんでいきなりハマー特集かと言うと、「ハマー、売却先決定」というネット記事の書き込みが気になったんですよね。

 まぁ一般人の発想ですから仕方ないのかもしれませんが「ハマー、でかくて環境に悪い、いらねー。」…別にあなたに売却しませんから。
「GMはハマーみたいな車をつくったからつぶれた。エコカーつくれ。」…ハマーってGMでもそこそこ売れたでしょう。だから売却されるんだって。何だか、えせエコロジストが必死の書き込みをしています。「あんなでかいクルマ東京では停める場所がありません。」…いや、買う人はそれなりの経済力があるんだからあなたが心配しなくても考えるでしょう。

 たしかにハマーのようなSUVは環境に優しくはないでしょう。でもエコカーやハイブリッドカーに乗っていれば正義みたいな風潮は少々おかしな感じがします。そんなにエコエコ言うなら車に乗らないのが一番のエコです。そもそもハマーが200~300万円程度のクルマなら台数も増え、確かに問題かもしれません。しかし、H2で850万円~955万円、H3でも495万~685万円もします。つまり、多少環境に悪くても、総台数でいうとそれほどでもないということです。環境環境と戦前の大政翼賛会のような今の社会、個性的なクルマが糾弾され、気がつくとつまらないクルマで道路が埋め尽くされる嫌な未来がすぐそこに来そうです。
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://momocafe524.blog.fc2.com/tb.php/351-db38acc7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。