-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-05-03 18:28 | カテゴリ:Showroom
輸入車試乗会!


 今日は、職場の先輩に誘われM.I.D(MITSUOKA IMPORT DEALERS)と北海道新聞社が主催する『輸入車試乗会』へ。


 M.I.Dでは、『フォルクスワーゲン&アウディ』・『アルファロメオ&フィアット』・『ランドローバー』・『ジャガー』・『キャデラック&ハマー』・『ベントレー』・『シボレー』・『ミツオカ』などを扱っており、各ディラーからの試乗車がずらり。


 試乗の時間まで、ショールームをぶらり。私とは、縁のない高級SUVがずらり。


 もっと私と縁がない車を発見!『アウディR8』です。ルマンを制したあの『R8』の名を冠するミッドシップスポーツ。好きですよ、こういう車。


 リアからの眺め。ミッドシップらしくて格好いいですよ。





 リアのガラスからの眺め。V8エンジンがこれでもか!とばかり鎮座してます。


 …うーん、縁がないですよ、だって1700万円もするんですから。センナナヒャクマンエンですよ!


水戸です!



 こちらはイタフラ好き注目の新星『MiTo』。雑誌等で見るとファニーな顔つきですが、実物はさすがイタリア人らしく彫が深いお顔をしております。


 大きさも手頃なサイズで好感度高しです。


 ショールーム内には白い『MiTo』が展示されてますが、こやつにはユーロナンバーが装着。当たり前ですが日本のナンバープレートよりすっきりしてます。


 新チンクやっぱりいいですね。北海道でもちらほらと見るようになりましたが、それでもニューミニやビートルのような台数ではありませんが。


本日の試乗車!



 4月に登場の『ゴルフ? TSIハイライン』。ゴルフといえば世界の自動車の基準ともなる車。今回の6代目は一見5代目のビッグマイナーチェンジとも感じるのですが、さてその出来はいかに。

 ゴルフも代を重ねる毎にその車体は大きくなっています。Cセグメントのゴルフも今やほぼ1.8mの全幅です。見た目のボディサイズはデザインなのかそれとも車高が少し低くなったせいか、ゴルフ?よりも小さく感じます。

 『TSI』と呼ばれる1.4リッターのエンジンはスーパーチャージャー+ターボで160psをたたき出します。プジョー308もそうだったように、小排気量+過給気の組み合わせってありですよね。実際乗っていると、トルクもあり、言われなければ2リッターか2.5リッター?って思うくらいです。これに乗っちゃうと、『トヨタブレイドマスター』(カローラのハッチバックに3.5リッター280psのエンジンをぶち込んだ奴です。)って正直ズレた車に思えてきます。排気量の大きい車=エライっという図式を国産メーカーも早く捨ててもらいたいですね。個人的にはスバルのインプレッサこそ、小排気量+ターボをメインにして欲しいものです。

 乗って驚くのは、その静粛性。そして内装のクォリティの高さ。雑誌等でコストがかかりすぎた5代目のコストダウンが6代目の使命と聞いてましたが、そんな事は微塵も感じさせません。何だかずいぶん立派な車に乗っているようです。

 ゴルフはあまりにも良く出来ているので、正直今買うと「車、もうこれでいいなぁ…。」と思いそうです。何だか上がりの車の一つになりそうです。ですから、車にさほど興味がないけど、いい車に長く乗りたいという人にはベストチョイスになるでしょう。


定額給付金の行方…。



 我が家は給付金で子供の自転車買いました。もちろんお店で値切って少々安くしてもらってですが…。

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://momocafe524.blog.fc2.com/tb.php/338-71f0c1df
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。