-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-04-07 22:01 | カテゴリ:SPORT
この速さ、本物!


 この日曜日、F1GP第2戦マレーシアGPが終わりました。夕方のGPだったせいか、途中スコールにより中断、そのままレース終了。この2戦でチームの明暗がはっきりくっきりです。昨年チャンピオンシップを争ったマクラーレンとフェラーリが低迷、それに対し、旧ホンダを買い取った新生ブラウンGPと、トヨタが好調。トヨタエンジン搭載のウィリアムズも調子がいい。

 トヨタは今年、何が何でも「勝ちに行く!」という姿勢を前面に打ち出しています。もちろんドライバーのトゥルーリやグロックもそのつもりです。 


 F1に参戦したトヨタは、今までとかくホンダと比較されていたかと思います。世間的には『ホンダ=F1はホンダのDNA。』『トヨタ=金にモノを云わせて勝とうとしている。』的な批判も聞こえてきました。私は個人的にはトヨタはあまり好きなメーカーではありません。どんな車も、そつなくまとめるいわゆる「80点主義」とよばれる姿勢があまり好きではないからです。きっとF1も欧州での販売戦略の一環なんだろうなくらいにしか考えてませんでした。

しかし…DNAと謳っていたホンダは、2009年度、勝てるマシンを作りながら、あっさりとF1から手をひいた。トヨタも当然撤退を考えていたはずです。それなのに、トヨタは撤退どころか「2009年、絶対勝つ!」という熱い目標を掲げ、戦っています。世界的な不況の中でも、ホンダ意外のチームは撤退しておりません。欧州のメイクスが撤退しないのは、F1やモータースポーツを「文化」として捉えているからなのでしょう。うれしいことに今年のトヨタにはそのような姿勢が見えます。ということで今年の私はトヨタを応援することにします。トヨタやブラウンなどのディフュザーが違反でないとなると、後半にはマクラーレンやフェラーリも開発をすすめ速さを取り戻すでしょう。ですから勝機は前半戦でしょう。今年のトヨタの速さ本物、必ず今シーズン中に1勝は挙げられると思います。
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://momocafe524.blog.fc2.com/tb.php/329-89406d45
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。