-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-01-25 11:43 | カテゴリ:Etc
4桁プジョー

 世の中には、邪道と呼ばれるものがあります。多くのプジョーファンにとってプジョーといえば3桁の車名、というイメージがあるでしょう。あのポルシェ911も当初は『901』というネーミングで発売しようとしたところ、数字3桁で真ん中ゼロはプジョーの専売特許だ的なクレームにより、『911』となったエピソードは有名です(本当かどうかは知りませんが…)。

 そのプジョーが2004年に初の4桁の車名を持つ『1007』(日本導入は2006~2008)が登場しました。現在『1007』がラインナップから落ちた日本では、4桁プジョーが絶滅しましたが、本国の方では着々とその種を増やしているようです。

 
PEUGEOT3008



今一番新しい4桁ライオンはこいつ。今年の1月に発表された、あの『308』をベースにしたSUVです。昨年のモーターショーでのコンセプトカー『プロローグ…』が正式デビューです。パッと見、日産のデュアリス(キャシュカイ)風なクロスオーバーですが、当初はFFのみ(えー!!)。2011年頃、ハイブリッドの4WDが発売される予定となっています。
 顔はもうすでに、「ライオン顔」とは呼べない世界に突入しています。どちらかというと「イノシシ顔」でしょうか。


 全体的にはすっきりしており、日常での使い勝手は良さそうです。


 インパネは『308』と共用かと思いきや、しっかり独自に造られております。写真にあるようなMT版は日本では無理かと思いますが楽しそうです。日本デビューが待ち遠しいですね。


PEUGEOT4007



プジョーの2番目の4桁ライオンはこの『4007』。日本未導入です…というか、日本には正規で導入できないでしょう。どこかで見た事が…と思っている人も多いと思いますが、これ三菱アウトランダーのOEMなんです。フロントは「ライオン顔」ですが、後ろはもうアウトランダーのまんまです。ライオンの覆面をかぶったプロレスラーって所でしょうかね(怪傑ライオン丸?)


 


ちなみにこのライオン丸には兄弟が多いんです。こちらはシトロエン版の『C-クロッサー』。もう見事な変装ぶりです。「へへ」グリル(?)がバッチリ決まってます。


 

でこちらが、本家『アウトランダー』。こうやって考えると日本ではなかなか根付かない「ファミリーフェイス」ってすごいなぁと思わされます。『4007』は誰が見ても「プジョー」であり、『C-クロッサー』は「シトロエン」です。ちなみに現地のフランスでは、この2台は三菱のOEMだということは浸透しているのでしょうか?



PEUGEOT1007



 そして我等が『1007』の登場ですが、日本では、ひっそりとラインナップから消えて行きました。私が購入した昨年から「もう、なくなりますよ…」という情報は流れていましたが、遂に…という状況です。本国ではまだまだ現役のようですが、日本ではレアなプジョーとなってしまいそうです。


 従来の3桁プジョーから明らかに外れてしまう車のため、正当な評価を受けているとは思えないところが残念です。雑誌等を見ても、評価はかなり低い(販売当初は良かったんですが…)部類の輸入車です。ただ毎日使ってみると、結構味わいのある車だと思います。一見子供だましのような「電動スライドドア」や「カメレオキット」などのギミック満載ですが、意外とあったら嬉しい装備だと気がつきます。また当時のラインナップ最小だったはずですが、乗ると重厚感があり、一回り大きい『207』の方が逆に軽快感があるのも面白く感じます。


 2ペダルMTの2トロニックを装備している都合で、どうしてもトラブルや、走りの部分で不満がでるのがウィークポイントです。どうせ売れなかったのならMTを持ってきたらまた違った印象だったと思います。

 エンブレムを見ると、4桁プジョーの真ん中の「00」は実は「∞」となっています。「無限大の楽しさ」を表現する車という願いがそこに込められていると思います。是非主流から外れた所から新たな可能性が見えるといいですね。また是非『1008』も期待しています。
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://momocafe524.blog.fc2.com/tb.php/289-5b15f289
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。