-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-02-10 22:27 | カテゴリ:Showroom
試乗のお誘いが来ました。



 先週、「PEUGEOT札幌南」に寄って以来、何度か営業のお姉さんから連絡がありました。何でも我が家の近所に、1007のオーナーさんがいるらしく、そこに用事があるついでに、我が家にダイレクトメールを届けてくれたそうです。試乗車が用意出来次第連絡をしますと話していましたが、先日電話が来ました。「試乗車が準備出来ていないので、前回中古(走行距離7000kmの元試乗車)で入っていたタコマイエローの1007を試乗出来るよう手はずを整えておきますので、宜しければ試乗に来ませんか?」と熱心なお誘いが。
ということで、再度、「PEUGEOT札幌南」へ。



 ショールームの入り口付近にドーンと鎮座するは主力ライオンの「207」。「206」より一回り大きくなったボディサイズは結構な迫力です。しかも、顔のインパクトも強烈です。


「207」登場でも「206」は併売してます。ショールームにも新旧の「CC」が揃い踏みです。二台並んでも「206CC」のコンパクトさや、清清しいエクステリアはまだまだ色あせませんね。


 そんなこんなで試乗の準備が完了し、まず嫁さんが運転。助手席に営業のお姉さん、後ろに私と娘が乗ります。大きく開いたスライドドアのおかげで、後席へのアクセスは比較的しやすいです。しかも乗ってしまえば、足元、頭上のクリアランスも十分。両サイドには小物入れにもなっているアームレストがあり、結構快適です。


 嫁さんがまずコックピットの説明を受けてから、「2トロニック」AUTOモードで出発。嫁さんはMTしか運転した事ないので、左足を使わないことに違和感を覚えながらも、「乗りやすい」と満足そう。横のお姉さんも難しい言葉は抜きに、わかりやすく説明してくれます。ディラーに戻ってくると今度はドライバーチェンジで私が運転席に。「2トロニック」のステアリングの背後のパドルを使い、シフトしながら走らせて行きます。発進時はかなり踏み込まなくては加速しませんが、加速してしまえばMT感覚で走れます。ミッションの反応も素早く自然です。特別速いわけではないが、結構面白いです。車全体の剛性感もあり私も好印象。強いて言えば右ハンドル仕様のせいか、ペダルのレイアウトが少々不自然なのが気になるくらいです。


 試乗後、簡単な見積もりを出してもらいましたが、やはりネックはお値段でしょうか。まぁ、もともと次期支援戦闘機は来年の春くらいを予定しているのでボチボチ考えましょうということは前回伝えてありますが、営業のお姉さんはぐんぐん押してきます。そして「実はここだけのの話、今後207のバリエーションを充実させるプジョージャポンの戦略のため、○○□□×△☆※になりそうなんですよ。ですから、もし来年考えた時には◎▽○×※☆♡□になるかもしれません。こればっかりはどうしようもないんですよ。」という話をしてくれました。うーん悩ませてくれますね。ちなみに、この営業のお姉さん、うちの高校の卒業生ということが判明(もちろん私より年上なんで私が知るわけはないんですが。)しかも在学中は演劇部だったということも判明。思わず「今は私が顧問です。」とご挨拶までしちゃいました。何だか偶然です。


晩ご飯にピザを作ろう!




ディラーの帰り、バスケチームの新年会(!何でも旧暦でやるそうで…)のある嫁さんを札幌駅近辺で降ろし、子供と帰宅。帰り道、雪まつり会場でもある大通りの前をわざと通って帰りました。子供は雪まつり見たいんだろうけど、人混みと寒さで風邪(もしくはインフルエンザ)でもひかれたら嫌なので、車窓で我慢です。ちなみに写真は「犬山城」です。


 で帰ってきて、晩ご飯をどうしようかということになり、ピザでも作ろうかということになりました。(ピザでもとろうか!にはならないとこが我が家です。)いつもは生地を手でこねますが、昨年夏頃同僚の方に、ホームベーカリーを頂いたんで、それを使って簡単に生地を作ってしまいます。材料をぶちこんで、スイッチを押すだけ何でメチャメチャ楽です。1時間もあれば、生地が完成です。


で、その間に具材をカットし、生地を伸ばしトッピングしてオーブンへ。


で完成…。それにしても携帯カメラで食べ物を美味しそうにとるコツはないもんですかね。

お父さんの工作シリーズ




 前回、電話台を作った記事を載せたので、過去に作った物もついで載せておきます。まず当時ママゴトが大好きだった娘の3歳の誕生日プレゼントに作ったものです。子供の友達のお父さんがホームセンターに売っているカラーボックスを利用して、キッチンをつくったのを聞き、密かに対抗意識を燃やして作りました。一応ママゴトのオモチャを収納する棚としての役割も兼ねています。本当は蛇口をつける予定でしたが、結構お高いのでやめました。



で、こちらは4歳の誕生日プレゼント。おしゃれに関心が出てきた頃だったのでドレッサーを。引き出しの中にくしやオモチャのドライヤーなんかが収納できます。また、椅子自体が収納箱になっています。最近では誕生日プレゼントはゲームソフト等になりましたが、未だに遊んでくれているようです。もっとも昔の作品なんで、今見れば「もっと上手につくれるのにな…」と考えちゃいます。
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://momocafe524.blog.fc2.com/tb.php/151-337eb18f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。