-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-08-08 21:50 | カテゴリ:Touring
クルマを走らす

 好きな音楽を聴きながらのんびり走る、何もない直線道路をひたすら走る、高速道路で長距離を走る、いろいろ走り方、いろいろな道があると思います。

 ちなみに我が家のルーテシアとビートは、運転を楽しむクルマ。

ルーテシアは「ルノー・スポール」という冠がついておりますので、相当速く走ることができます。
速く走らないと楽しくない、それ以外は我慢のクルマというのも世間にはありますが、ルーテシアとビートはどんな速度でも楽しい、と感じられるクルマだと思います。

 それでも、たまには峠道のような道を走らせたくなります。

touge02.jpg
 仕事に行く前、早朝ちょっと寄り道した道。このブログでも何度か書いてある、当別のお気に入りの道。

アップダウン、ヘアピンコーナー、高速コーナーなどがあり、ただ運転にだけ集中できる道。

touge03.jpg
 極端なたとえかもしれませんが、ルーテシアRSはステアリングを切った分だけ曲がり、狙ったラインを数cm単位でトレースできるクルマ。これが気持ちよくない訳はない。

touge04.jpg
 しかし、ただただ走る。最近そんなことが出来なくなってきてもいます。

touge05.jpg
 性能では圧倒的にルーテシアに劣るホンダビート。普通ならばルーテシアがあればビートに乗らなくなるような気がします。
しかし、何なんでしょう、朝、悩むと時があるのです。

「今日はどっちで行こうかな」って。

touge07.jpg
 もちろんオープンの解放感からくるものも大きいでしょうが、走っても本当に楽しいのです。

touge06.jpg
決して速くはありません、でも決して遅いわけじゃありません。

touge08.jpg
 夏の夕方、風を受けながらだらっと走っても、それはそれで素敵です。

どんな道を、どんな風に走るか

燃費だけを気にしたり、モニターを何個つけて走るのも悪くないですが、ただ頭を空っぽにして走るのも悪くないものですよ。
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://momocafe524.blog.fc2.com/tb.php/1190-131d7b6e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。