-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-01-11 21:21 | カテゴリ:Tour
廃墟のあるホテル…
旧展望閣1
 前回の小樽篇のつづきなんですが、水族館を後にして急な勾配をカングーでうんとこどっこいしょ、と登ったら岬のてっぺんにあるのが、本日のお宿…。
 その昔、ホテル天望閣と呼ばれておりました。写真はその旧館と社員寮だった場所。閉鎖されたあと廃墟となりこの有様。北海道でも有名な心霊スポットとなり多くの若者が興味本位で足を踏みいたようです。ちなみに…心霊スポットと呼ばれる場所に安易に足を運ぶものではありません。霊的に言うと、変なものを呼び寄せたりする危険があるのと、法的に言うと廃墟と言えど管理地として私有地なので不法侵入となります。あとは人的に言うと、おっかないお兄さんたちが来ていたりして、別の意味での恐怖体験ができることもあります。

旧展望閣2
 こちらは本館。奥に先ほどの旧館が見えますね。しかしこのホテルも客の足並みが途絶え、倒産。その後、改装して『ノイシュロス小樽』というホテルに再生され、現在に至ってます。ちなみに旧館は当然解体され、すでにこの世には存在しません。

NOI01.jpg
 で、こちらが現在のお姿。上の円形の展望レストランが昭和なレトロですが、これは天望閣のなごりです。
ここを楽〇トラベルのアプリで予約したのですが、『朝食付きプラン』と銘打ったプランで、海があまり見えない分、安くて広いベッドが付いているという内容。しかし予約したあとの確認メールには「朝食ナシ」としっかり明記されております。何?それ、どんなプランだ?更に、「あと1部屋!」と煽り文句がついてますが、私が予約した後も、その翌日も「あと1部屋!」です。やるな〇天トラベル!どういうことか説明しろよ!(笑)

NOI02.jpg
 とりあえずホテルに電話で確認すると朝食プランなので「安心して下さい、付いてます。」と言われました。
 チェックインの際、フロントのお姉さんから、「予約の際、不愉快な思いをさせてしまったのでお部屋を海側に変更しましたがよろしいですか?と嬉しい変更をしてもらいました。部屋に案内してくれたお姉さんはエレベーター内で「本日はお部屋が空いているので海側にいたしました」とにこやかに説明。「あと一部屋!」じゃなかったんかい!(笑)

NOI06.jpg
 部屋はキングサイズのベッドがドーンとあります。さっそく子どもらは大はしゃぎ。 

NOI07.jpg
 窓が大きくて、ドーンと海が見えます!

NOI08.jpg
 冬の日本海なのでちょっと寒々としております。

NOI03.jpg
 嫁さんと私だけの場合、いつも弾丸ツーリングなので宿泊はただ眠れればいい、風呂に入れればいいというレベルで重視してませんが、今回の部屋はけっこう立派な所です。

NOI09.jpg
 ”お花ちゃん”も興奮気味。なんだよ、これ。家にはこんな金ぴかなのはないぞ!と言いたげ。

NOI04.jpg
 ”葉っぱちゃん”は机の装飾を見て、このリアクション。「見て見て!メガネ!!」。子どもって自由な発想で笑わせてくれます。

NOI05.jpg
 そして、このホテルに来た一番の理由は、お風呂です。
大浴場もあるのですが、子どもらは家のお風呂以外は未経験。いきなり温泉の大浴場に連れて行って、大号泣や、帰る、嫌だ!コールをされることも考慮すると、まずは場馴れが必要かと。

NOI11.jpg
 部屋に客室露店風呂がついております。露天風呂というより展望風呂といった感じですが、窓を開けると(寒いですが)海の音が聞こえて、露天風呂と言われれば、露天風呂です。”お花ちゃん”は喜んでましたが、”葉っぱちゃん”はちょっとビビり気味。

 とりあえずパッといつでもお風呂に入れるので、子どもたちと入り、子ども等が寝てから入り、翌朝入りと温泉を満喫しました。ゆっくり温泉は久しぶりです。

NOI10.jpg
 ホテルの廊下を見ると、スタンリー・キューブリック監督の映画『シャイニング』の双子の少女の幽霊のシーンを思い出します。
とはいえ、このホテルでの心霊現象は特にありませんよ。

NOI12.jpg
 そして疑惑の「朝食あり(なし)」プランですが、ちゃんと付いておりました。嫁さんが「洋食」でと注文しましたが、”葉っぱちゃん”は食べ終わった後、尋ねました。

「ねぇ、ご飯はいつくるの?」

和食が良かったのね、君は。
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://momocafe524.blog.fc2.com/tb.php/1169-fda5d7ce
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。