-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-09-13 22:19 | カテゴリ:Event
大会まであと11日!


 今日はクルマの話ではなく、お芝居の話を。

毎年、秋に演劇の大会があります。他の部活動と違い、コンクール形式の大会は1年でこれだけなのです。例年は10月の初めに大会が始まるのですが、今年はイレギュラーで9月下旬となり2週間ほど早まっております。

 我らの地区大会は石狩支部と呼ばれ、今年は43校が上演し、その中から6校が代表校として11月の全道大会へと進むことになります。43校での大会となると上演6日間、合評会・閉会式で1日の計7日間というとんでもないスケジュール。おそらく日本で最大の上演数を誇る地区大会でしょう。

 本校の今年の作品は『待っている』という題名。私が書いた脚本です。脚色は以前からやっていましたが、オリジナルの脚本は去年から。去年は、身売りが噂される、とあるプロ野球球団の最終戦、満員のスタンドから生き別れた父親を探そうとする女の子の話でした。今年のテーマもやはり「野球とホームドラマ」。生徒も「またかい!」と言いたそうなんですが、まぁ勘弁してください。

MAT03.jpg
 簡単なあらすじは、戦力外通告されたプロ野球選手とその妻のお話。トライアウトを受けた後、ひたすら契約の電話を待ち続けるという内容です。

 野球しか知らない不器用である意味自分勝手な男。そしてその男を支える身重の妻。そして夫婦を取り巻く周囲の人々。

 TBSの年末恒例のドキュメントのあの番組を見てた時、これテーマで今度書いてみようかな、と漠然と思ったことが一応カタチになりました。

MAT04.jpg
 正直、私のお芝居はいつも、どこにもエンターテーメント性はありません。「唄わない」「踊らない」「笑わせない」。別に意地になっているわけではないのですが、いつもこんな感じです。

 野球好きが脚本を書いてますので、設定等は一応リアルにはなっております。

MAT02.jpg
 稽古では、妊娠8か月の設定の妻を高校生が演じるので、近くの保健センターから「妊婦ジャケット」なるものを借り、実際の重さや動きを練習したり。

MAT05.jpg
 最初書き上げた時、この芝居は二人芝居だったのですが、書き直すうちに7人登場する芝居に変わりました。今回は脚本を短期間で書かなくてはならなかったのですが、その分、迷う暇がなかったので良かったのかもしれません。ただ、周囲からは「高校生に演じさせるの難しいんじゃない?たぶん理解できないよ」ともアドバイスを受けております。夢を追いかける事すらまだ出来ていない子達に、夢を捨てる苦悩ってわかるわけもない、確かにそうなんですよね。このあたりで書き上げた後、七月末頃に迷いました。ただ生徒に「先生、ブレたらだめですよ」と叱られて、これで行こうと決め、夫婦愛の部分にスポットをあてて作っております。

MAT01.jpg
 九月の最初の週に合宿も終え、今週合宿で作ったものを一度解体し、再構築。合宿の最初の稽古の上演時間が67分だったのも、昨日今日は、57~58分くらいになりテンポも上がってきました。先輩や、周囲の協力してくれる人たちのアドバイスを最大限に生かし、もう一度芝居をブラッシュアップしていきたいと思います。

MAT06
高文連石狩支部大会(札幌教育文化会館小ホール)  『待っている』  9月24日(木)17:20に幕が上がります。是非足をお運び頂けると幸いです。部員一同、「待っています。」
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://momocafe524.blog.fc2.com/tb.php/1159-f24bba1b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。