-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-05-17 21:52 | カテゴリ:Accident
5月半ばです…

 なかなかブログの更新も滞っておりますが、本業が充実している証拠という事で納得させております。そんなわけで今回は4月末に復活したビートの続報などをつらつらと書きつづっていきたいなぁと思っております。

bus02.jpg
 4月から例年の演劇のお仕事が入っており、土日に活動しております。6月13・14日の上演に向け現在、焦っております。

ビートの運転は難しい?

bus03.jpg
 で、本題。
復活したビートなんですが、やっぱり楽しいです。ネットなどでいろいろ見ていると、「ビートを買おうと思うのですがどうでしょう?」なんて質問があるわけです。その回答がけっこうおもしろい。

 「旧車なので、運転するのが大変。安易に手を出してはいけない!」という趣旨の回答をいくつか見つけて「?」って感じです。「パワステなんて付いていないから覚悟した方がいいよ」とか。「昭和の車だから運転は難しい(ビートは平成だよw)」とかとか。

 実は私の感覚ではビート=旧車とは思ってませんでした。うちのは平成3年車…ということは24年前。そうなると旧車と呼ばれるのか?いやいや旧車と言えばS600とかS800とかを指すでしょ?とも思うんですが何とも複雑な気分です。
 軽のミッドシップなんでパワステなくても十分(そりゃあ、あった方が軽いんでしょうけどね。)
乾燥路面ではミッドシップということを特に意識しなくても(エンジン音は背中からうるさく響くので意識せざるを得ないですが…)普通に走ります。ただ高回転まで引っ張ってシフトチェンジしていかないと途端に失速します。だから常に全開で走る(と言っても大して速くはないのですが…)ことを意識すれば誰でも乗れます(AT限定免許の方は乗れませんが…)。

 ずいぶんネット上では敷居の高いクルマにされているのですが、本当に敷居が高いのは、ビートの故障でしょうね。もともと各パーツ、限界に近い性能を要求されていたので無理と余裕がない設計と、生産後10~20年くらい経過しているということがネックでしょうね。

bus04.jpg
 ですからうちのビートも状態は決してよくはありません。車検時にラジエーターパイプを取っかえましたが、いくつか不具合箇所が。まずはエンジンの警告灯点灯。これは冬眠前からの症状。助手席の裏にあるECUのコンデンサーの液漏れが想像できます。古いビートの持病の一つ。

 そして、幌のリアスクリーンのファスナーが壊れました。たかがファスナーなんですが、ホンダに行くと幌全体のアッセンブリー交換となり、部品代・工賃ともに結構な金額を請求されます(一度経験済み)。まぁ基本はオープンにして走り、雨の日は乗らない、荷物は車中に置いてクルマを離れない、ということを意識するので、取りあえずの応急処置で何とかしのぐ予定。

 さらに、運転席側のパワーウィンドが怪しい感じです。下がるけど、上がらなくなります。今はスイッチを何度もガチャガチャやると、ンモモモモモ~と、ゆっくり上がるからいいのですが、これも時間の問題。普段開けなきゃいいけど、駐車場に入れるとき不便かも。こちらは時間が出来たらホンダへ行ってみようかと思います。

 あとは、ECUの影響と思われるのですが、たまに各ギヤとも5000回転以上、エンジンが回らないということが起こります。これは結構まずいですねぇ。クルマを停め、再始動してやると何事もないかのごとくエンジンが回りはじめます。この辺りも手を入れないとならないとこなんでしょうね。
 
 まぁ、ボチボチ行きましょう。

今日の仏蘭西さん

bus05.jpg
 今日の写真じゃないのですが、ルーテシア2・3代目の2ショット。並ぶとルーテ3が「デカい」と呼ばれているのが良くわかります。代車で借りますが、ルーテシア2って良いクルマなんだよなぁ。

今日の松田さん

bus06.jpg
 結構懐かしいのがサバンナRX-7。もっともこれは後期型と思われる個体ですが、それでも最近あまり路上で見かけなくなりました。コンパクトスポーティーなクーペ。デビュー時のカエルみたいなメタリックグリーンのRX-7。小学生の頃デビューフェアに父親と行ったのを鮮明に覚えています。下敷きもらってしばらく学校で使っていたなぁ。その後、父親が職場の人のRX-7を借りて夜、帰ってきて、乗せてくれたのも忘れられません。格好良かったなぁRX-7。
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://momocafe524.blog.fc2.com/tb.php/1149-b707331b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。