-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-01-10 21:57 | カテゴリ:Accident
届きました!

BAT02.jpg
 6月の車検時、カングーはエンジンのかかりが悪く、「バッテリーが寿命だねぇ」と診断されてました。しかし、車検時にあれこれ不具合を修理する都合、バッテリーまで手が回りませんでした。ご存じだと思いますが、輸入車はバッテリーのサイズが国産のものとは違い、輸入車用を取り付けねばなりません。あたりまえですがディーラーで扱うバッテリーは金額的にも張る訳です。街の量販店でも取扱い量が少ないため結構いいお値段がします。

 そんなわけで、夏場は何とかだましだまし寿命のバッテリーを使ってました。幸い不動になることはなく(突然死があるのが怖いです)、秋、冬となりました。平時、カングーは嫁のクルマなので路上や出先で突然死は避けたいのですが、そのまま正月を迎えてしまったのです。そうすると、1月3日、出かけようとすると

…かかりません。キュルルルルルルルル…、うーん、かからんね。

気温ががっつり下がってます。こりゃ…来たなぁ、と思ったら、嫁「そういえば、この前も、こんな感じだったさ」と平然とおっしゃります。この辺りが、ラテンな人なんで大変助かっております。しかしこれから冬本番、”葉っぱ”ちゃんも乗っけて出先で立ち往生は、避けたい状況です。この日は何とかエンジンがかかりましたが、この症状はこの日もう一回おきます。

 翌日、即バッテリー探しです。

通販で買う事を決めておりましたが、一番怖いのは、商品きました→サイズ合いません!(涙)このパターン。ネットで見ると、適合表に載ってたのに、いざ来たら微妙に入らない…というケースがあるそうです。
覚書的に書いておきます、カングー1.4GF-KCK7Jのバッテリー搭載寸法は幅278mm 奥175mm 高190mm

…今回、探してきたのは、『INDIGO CMF57412』

韓国メーカーです。見たところヒュンダイの新車に採用されているメーカーだそうです。ということは特に安くても問題なしでしょう。得意のAMAZONでポチっとお買いものするとすぐに届きました。


 ということで、ルノー札幌で交換してもらいましょう。この日は駐車場にもバックヤードにもカングー1がたくさん。
交換をお願いしているうちに、お楽しみの試乗に行ってまいります。

BAT03.jpg
 こやつです。ルーテシア4です。これが今回登場した噂の新グレード。もう好き者の心を鷲掴みにする仕様なのです。何と、900ccの3気筒ターボ!しかもルーテシア4のガソリン車唯一のマニュアル車です。そして気になるお値段は「208万円!」安い!

 もう乗る前から、ルーテシア4が欲しくて、MT乗れるなら、これが買いだよ!とおススメしたくなるわけです。

BAT04.jpg
 この鉄チン、結構ワイルド格好いいです。ホイルカバーいらなくない?ガンメタに塗ったらいい感じです。

 で、乗ってみて…まず900ccという小排気量ですが非力感はありません。もっともトルクが厚いわけじゃないので、ある回転域を保ちながら走ることを要求されるので、ただだらっと乗りたい人は不満かもしれません。どんどんシフトダウンしながら、トルクバンドを探しながら走るのが楽しいわけです。どんどんぶん回して走る人にはおすすめです。

 3気筒もそんなにラフな感じもないですが、音は快音ではありません。でもそんなに気になる訳ではありません。そして軽快なフットワーク。ボディ剛性、シート、足回り全てにおいて高い次元。ずっと乗っていたくなるクルマです。個人的には1200ccよりも圧倒的に好きです。内装も素のグレードといいながら、かなりクオリティが高いです。ケチをつけるとすると、内装が贅沢すぎるってことですかね。もっとさらりとした仕様にして200万円切ってくれたら最高でしょう。
 
 3気筒900ccという部分でネガな部分はほとんどなく、運転する楽しさというプラス要素がさらに加わります。これ飼える人は絶対楽しい仏蘭西車ライフが待ってますよ。おすすめです!

BAT05.jpg
 楽しい試乗を終えて戻ってくると、作業も終了しておりました。そして付録もついております。

どうやらクーラント漏れているようです。

BAT06.jpg
そういえば、水見ていなかったなぁ。サーモハウジングが劣化して亀裂が入ったようで、そこからチロチロと漏れていたわけです。サービスの佐々木さんから「今日バッテリー換えに来てよかったです。もうサブタンク空だったから最悪オーバーヒートですよ。」と穏やかな口調でどっきりな話を聞かされます。
とりあえず部品を注文して、入荷する今週半ばに交換という流れになりました。とりあえずそれまでは水を気にしながら乗るという事で。

BAT07.jpg
 新しくなったバッテリーを搭載した姿を写真に撮っておきましょう。「電気」の次は「水」。

BAT08.jpg
 ルノーでたくさんのカングー1を見たわけです。帰り際にもディーラーに積載された室蘭ナンバーのカングーが到着してました。さらに帰り道の南郷通りでカングー1と遭遇。まだまだカングー1はたくさん生息しておりますね。

BAT09.jpg
 今回のディーラーのお土産は…『L’OCCITANEのSHEA BUTTER』。これは嫁さん行きですね。
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://momocafe524.blog.fc2.com/tb.php/1126-8f313082
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。