-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-09-29 21:32 | カテゴリ:Event
演劇の大会が始まります。

 もう来週の話になりますが10月4日(土曜日)夕方17:20から本校の上演となります。
今回のお話は『野球場に連れてって~Take me out to the Baseballgame』。私が脚本を書き下ろしたものです。

 どんなお話かというと、平成26年9月25日木曜日、石狩サーモンスタジアムでは、現在3位石狩キングサーモン対4位の鹿児島ブラックピグスの最終戦が行われていた。そのゲーム差は0.5。キングサーモンが勝てば悲願のクライマックスシリーズ進出、負けたら…。
 実は夏場から石狩キングサーモンに球団売却の噂が広まり、高知のIT企業『Ryo-ma』が名乗りを上げていた。
キングサーモンファンの高校生、茜はライトスタンドで売却反対の署名を集めいた。茜は球団存続と、もう一つの思いを抱え、今日このスタンドにいるのであったが…。

 というあらすじです。

yaq03.jpg
 台本を書くにあたって、頭に浮かんだのは近鉄バファローズの売却の話と、ここ北海道に移転してきた日本ハムファイターズについて。私は阪神ファンですが、以前試合を見に行った時、札幌ドームの前で必死に近鉄球団存続の署名を呼び掛けるファンの女の子の姿がありました。この姿を主人公茜のイメージにさせてもらいました。

 もう一つ、日ハムですが現在北海道の球団ということで周囲はほとんど日ハムファンです。昔は北海道といえば読売ファンが多かったのですが、今や日ハムに宗旨がえしているようです。私は申し訳ないのですが日ハムに全く関心興味がありません。何でだろうと考えてみたところ、私の中で「われわれは日ハムを応援してもいいのか?」という気持ちが強いからのようです。なんじゃそりゃ?でしょうが、要するに日ハムを応援してしていた東京のファンの気持ちはどうなんだろう?ということです。ガラガラの後楽園や東京ドームで必死に応援していた日ハムファンから球団を取り上げ、「我らが道民の球団」というようなことを称してることを彼らはどう思ってるんだろうって。名前は変わらないが、本拠地も選手もユニフォームも変わり、しかも毎年優勝争いに加わり、有力選手をそろえている…果たして、今でも俺たちの日ハムなんでしょうか…。

そんな東京のファンを思うと、私は応援するのをためらっているという理由のようです。

yaq02.jpg
 劇中、茜はある理由から北海道にチームがあることを望みます。四国に移転しても、名前が変わっても、そのチームを応援すればいいじゃん、と友達に言われます(現在の台本ではこの件はカットされてますが…)。そういわれても割り切れない思いが茜にあり、ラストまで葛藤するわけです。

yaq01.jpg
 そして、物語のカギになるのが『アイスクリーム』。小道具としておそらく観客には見えませんが、ここまで作りこんでます。それだけ重要な意味を持つ小道具だということです。

yaq04.jpg
 装置は球場のライトスタンドをイメージしています。写真で見るとそうは感じませんが、実際は相当大きな装置となります。過去に作ったベスト3に入る大きさです。

yaq05.jpg
 練習風景ですが、役者が座るとこんな感じです。

yaq06.jpg
 衣装や小道具を身につけるとちょっとだけ雰囲気が出てきます。芝居はようやく役者のエンジンに火が付き良くなってきました。

 7回表から9回表までの客席に起こった一時間のドラマです。札幌近郊の方、教育文化会館小ホールで上演しますので是非遊びに来て下さい。
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://momocafe524.blog.fc2.com/tb.php/1100-ce4d359b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。