-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-03-02 23:34 | カテゴリ:Event
卒業式でした

mar 01
 昨日、3月1日はうちの学校も卒業式でした。

今回は私は卒業学年の担任だったので忙しい一日でもありました。記憶をたどると、確か8回目の卒業生のはず…。ちょっと自信ないけど、たぶんそうなはずです。毎度のことながらどうしても、悲しいとか、涙が、とはは無縁です。卒業式での担任の仕事は卒業証書授与でしっかり名前を呼んで、生徒らが証書を受け取る様を見届けること。これは結構気合が必要なんですよ。呼び間違ったり、飛ばしたりしたらまずいですからね。

式後は最後のホームルーム。湿っぽいのは嫌いなので、笑顔でお話して私の仕事を終える事にしております。

とりあえず、ひと段落。でもすぐに次の事が控えております。それでもしばしの休息を頂きたいものです。


「0さいからのげいじゅつのもり」
mar 02
 おなじみの札幌芸術の森では、先週から「0さいからのげいじゅつのもり」が開催されております。
これは、子どもや親子を対象にした展覧会です。
カングーオーナーでもある作家の伊賀信さんが、ワークショップコーナーを担当されております。これは是非行きたいと思っておりました。

mar 03
 ここのところ北海道は日差しが温かくなり、雪どけが始まっております。いい天気ですがそれでも日陰に入ると寒いと感じます。

mar 04
 展覧会の看板が見えてきました。昼頃着いたので、まずは“葉っぱ”ちゃんを授乳室へ。まずは受け付けで申し出ると授乳室の使用中の看板(ぬいぐるみ)を借りられます。それを持って授乳室へ。


mar 05
 授乳室の中は、こんな感じ。ここにも出品されている作家の太田博子さんの作品がディスプレーされており、なかなか静かで落ち着いた部屋となっております。

それでは出発。本当に「0歳児」でも楽しめるのでしょうか?

mar 06
 入るとまずは、先ほどの太田さんの作品が。ちなみにうちはマイベビーカーですが、受付でベビーカーを借りることができるようです。

mar 07
 美術館ではたいてい「作品にお手をふれませんように」と但し書きがあります。しかし子どもは物を目で見るだけではなく、触り、時には口に入れてしまう事すらあります。ここでは「手にとってよし」の作品がいくつも存在しています。

mar 08
 こちらは、伊賀さんのコーナー。“imブロック”と呼ばれる積木で自由に遊べるコーナーです。このブロックは手に取ると木の香りがして、握った感触もなんだか気持ちいいです。周囲の子どもだけではなく、付き添っている大人も夢中で遊んでいます。私ももちろん遊ばせておらいました。正直この積木家にも欲しいと思える逸品ですよ。

mar 09
 こちらは櫻井亮さんのワークショップです。塩ビ管を叩き、共鳴から様々な音を出す仕組みを体験できます。この他、紙袋で“おばけのお面”を作るワークショップもあります。0歳児が飽きることなく遊んでいたのできっと楽しかったのでしょう。是非またこの展覧会を企画してもらいたいものです。

芸森の帰りには…
mar 10
 芸術の森からの帰り道、ルノー札幌があるので、ちょっと立ち寄ってみましょう。

mar 11
 そう今週はルノーで話題のSUV「キャプチャー」がデビューです。
一見背が高いルーテシア?ともとられましたが、現車を見るとルーテシアとはデザイン上では全く別のクルマです。私はツートンのルーフなんかを見て、「アヴァンタイム」を思い出します。

mar 12
 シートに腰をおろすと、確かにルーテシアとはアイポイントが高くなっております。ルーテシア4と比べても、ルーフまわりの圧迫感がなく運転しやすそうです。

mar 13
 面白いのがフロントシートバックに装備された、鮮やかなオレンジ色のゴムバンドが格好いいです。もっとも実用的ではないのは間違いありません。でも格好いいから許しましょう。

mar 14
 ルノーから帰って、一日早いのですが我が家で“葉っぱ”ちゃんの初節句のお祝いを行いました。ひな祭り風の離乳食ケーキをモモヤナギが作っておりました。

芸術の森でテンションを上げた“葉っぱ”ちゃんは家でもハイテンションにままでしたよ。
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://momocafe524.blog.fc2.com/tb.php/1057-0d246da4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。